HOME » 女性器の黒ずみに関するお悩みはコチラ » 婦人科形成が行う施術をチェック

婦人科形成が行う施術をチェック

このぺージでは、婦人科形成クリニックで受けられる女性器の黒ずみケアについて、その方法や効果などを紹介していきたいと思います。

心配する女性のイメージ女性器の黒ずみに関するケアを自宅で行う人も多いようですが、あまり効果が得られなかったり、思わぬトラブルに発展する場合もあります。婦人科形成クリニックでのケアを選ぶ一番のメリットは、専門家による効果的な施術が受けられるということ。これに尽きます。

といっても、クリニックによって治療法はさまざま。ドクターの方針や得意分野で、採用する治療法が変わってきます。そのため、ある程度事前に知識を得ておく方が良いと思います。

婦人科形成クリニックで行う女性器の黒ずみ治療

女性器の黒ずみ解消のためにクリニックで行われる施術には、以下があります。

ハイドロキノンの塗布

ハイドロキノンは、その美白効果の高さから「肌の漂白剤」とも言われる成分です。そのため、最近まで医療機関でしか処方できないとされていました(薬事法改正により、最近は一般的な化粧品にも使用が可能になっています)。

ハイドロキノンには、メラニンを生成する酵素の働きを抑制し、メラニンを生成する温床「メラノサイト」の数を減らす作用があります。婦人科クリニックではこちらを処方し、自宅でのケアを促します。

Vホワイトニングレーザー

Vホワイトニングレーザーは、デリケートゾーン専用の黒ずみ除去マシーン。

「黒ずみは気になるけど、手術はちょっと怖い」「美白クリームを塗っても効果を感じられなかった」という方におすすめです。

【みどり美容クリニックのVホワイトニングレーザー治療】

    レーザーを照射するので、麻酔クリームを使用。痛みもなく15分位で終わる施術です。シャワーはその日から、入浴は次の日からOK。性交渉は1週間たってからが安心です。

小陰唇縮小手術

肥大した小陰唇は黒ずみやすいので、剰余部分を切除することで、女性器全体の黒ずみを目立たなくする方法もあります。

ただし、黒ずみ解消だけを求めるなら、この方法を選ぶ必要性はありません。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ