その原因と対策

このページでは、女性器の黒ずみの理由をわかりやすく説明しています。

女性器の黒ずみとメラニンの関係

「女性器が黒ずんでいるから、経験豊富なんじゃないかと言われた」「やっと付き合えた大好きな彼に、遊び人だったの?と言われてショックだった…」などどいう声を聞きます。

これ、間違った認識でとらえられがちですが、実は女性器の黒ずみと、性交の回数は全く関係がありません。これは医学的にも証明されている事実なんです。

では、何が原因で黒ずんでしまうのか?大きな原因として考えられるのは、メラニンの増加です。

不安を感じている女性イメージメラニンは、体内で増加すると色素沈着を起こしやすくなります。メラニンが増加した部分は、黒ずんで見えるのですね。

メラニンはシミ、ソバカスの原因としても知られており、紫外線で増えるというイメージがあります。しかし、実際にはホルモンの影響を受けやすく、妊娠や加齢など、ホルモンバランスの変化により体内の含有量が増加します。

すると、まざまな部分の粘膜に、黒ずみが見られるようになるのです。

また、外部からの刺激によっても、体内のメラニンは増加します。デリケートゾーンに関していえば、アンダーヘアの自己処理や、お風呂の際にゴシゴシ洗ったり、下着の擦れになどによる刺激が考えられます。長年、自己流の過剰なケアを続けていると、皮膚を傷めてメラニン色素を増加させている場合もあるのです。

黒ずみ対策として効果的なのは?

女性器の黒ずみケアとして有効と思われるものに、次のようなものがあります。

  • 市販の美白コスメ(石けん、ジェル、クリームなど)
  • クリニックで処方されるハイドロキノンの塗布
  • 婦人科形成クリニックでのケミカルピーリング
  • 小陰唇縮小手術、レーザー手術による黒ずみ部分の切除

とはいっても、自己流ケアで劇的な改善は望めません。確実な効果を求めるのであれば、やはりクリニックでの施術をおススメします。

年齢を重ねれば黒ずむのは仕方ないとはいえ、きちんと脱毛をして整え、黒ずみ対策をしたら、自分に自信が持てそうな気がしませんか?

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ