HOME » 女性器の黒ずみに関するお悩みはコチラ » デリケートゾーンの脱毛で黒ずみ対策

デリケートゾーンの脱毛で黒ずみ対策

デリケートゾーンの自己処理は、女性器の黒ずみの原因になります。こちらでは、その理由や対処法について、以下に詳しくご紹介していきます。

毛の自己処理は黒ずみの原因になります

女性器の黒ずみにお悩みの方は、まず黒ずみが起こる原因を知っておくと良いと思います。

V・I・Oラインといわれるデリケートゾーンの黒ずみの原因はさまざま挙げられますが、そもそもの黒ずみの原因となっているのは、メラニンによる色素沈着

ほかにも、下着や締め付けの強いパンツなどによる摩擦が原因で、黒ずみが起こることがあります。衣類とデリケートゾーンの間に擦れが生じると、それがやがて女性器の黒ずみへとつながってしまうのです。

これと同じ現象として、脱毛による肌への刺激が原因で黒ずみが起こる場合もあります。とくに、肌への負担が大きい「抜く」「剃る」といった自己処理を繰り返すことで、 黒ずみが進行すると考えられています。

さらに、不衛生な環境で行うなどの間違った自己処理によって、デリケートゾーンや毛穴に炎症が起こった場合も、黒ずみの原因となり得るので、注意が必要です。

「剃る」「抜く」などの日常的な脱毛はNGです!

先ほどご紹介したように、デリケートゾーンの黒ずみは、肌への負担が大きい自己脱毛を繰り返すことで起こりがちです。

これは、「剃る」「抜く」などの間違った方法で自己処理が行われた時に、肌が「傷ついた部分の肌を守ろう」とする作用が働くため、メラニンが増えてしまうことが原因とされています。

繰り返し肌にダメージを与えることになるので、デリケートゾーンの黒ずみの大きな原因の一つとされているのです。

クリニックでの脱毛がベストな方法です

それでは、黒ずみ対策の観点から考えた場合、一体どんな処理の仕方がベストなのでしょう。

女性器に黒ずみが起こらないための最もベストな方法は、クリニックで行う脱毛です。美容クリニックやエステなどでプロが行ってくれるデリケートゾーンの脱毛は、Vライン・Iライン・Oラインと部位が分かれていますが、黒ずみ対策の点から考えると、V・I・O全ての脱毛を行うことをおすすめします。

女性器の周りを不衛生にすることも、炎症を引き起こして黒ずみの原因になるとされていますが、美容クリニックなどでムダ毛を一度キレイに処理してしまえば、常にデリケートゾーンを衛生的に保つことができます。

Iラインはとくに、ムダ毛があるかないかで、ショーツとの摩擦の擦れも軽減できるでしょう。

さらに、美容クリニックやエステでの脱毛の施術であれば、永久脱毛などのコースでムダ毛が生えてこなくなる可能性が高いので、肌にダメージを与える負担も大幅に減りますよね。

V・I・O脱毛を完了させておくことは、肌への刺激を極力少なくして、清潔に保ってくれるので、黒ずみ予防につながる可能性がある といえます。

実際に、美容クリニックによる脱毛を経験した方の声では、脱毛前と後では、した後の方が黒ずみが薄くなって、肌の色に近くなったという声も多くあるのだそうですよ!黒ずみ対策や女性器の衛生面でも、デリケートゾーンの脱毛はクリニックに通うわれることをおすすめします。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ