HOME » 女性器の黒ずみに関するお悩みはコチラ » 間違いだらけの自宅ケアに注意

間違いだらけの自宅ケアに注意

女性器の黒ずみをケアするつもりで、余計に悪化させてしまうケースがあることをご存知でしょうか。このぺージでは、自宅ケアの注意点についてまとめたいと思います。

間違ったケアが女性器黒ずみの原因にも

自宅でできる女性器の黒ずみケアに、美白効果のある石けんやジェル、クリームの使用があります。中にはデリケートゾーンへの使用が奨励されているものも…。

やっぱり、誰にも知られず簡単に行なえて、コストが安いということもあり、「まずはクリニックよりも自宅ケア!」を選ぶ女性が増えているんですね。

しかしデリケートな部分だけに、ケアには細心の注意が必要。以下に間違った方法を列挙します。

ケア用品のセレクトを誤る

黒ずみケアに効果があると言われるコスメには、ハーブ石けんや、美白成分ハイドロキノンを配合したジェルなどがあります。しかしデリケートゾーンは、ちょっとした成分の刺激で炎症を起こす場合も。また確実に効果があるとは言い切れません。やはり医師の処方箋なしのアイテムを使用するのは、あまりおススメできないのです。

また粘膜はもともと非常に刺激に弱い部分なので、顔用の美白コスメなどを使用するのは、絶対に避けてください。思わぬトラブルに発生する可能性、大です。

ゴシゴシこする

炎症などの反応が起きないアイテムと出合っても、ケア法を間違えると失敗します。黒ずみが気になり、つい力を入れてゴシゴシ洗ってしまうのは、絶対にNG。皮膚や粘膜を傷つけてしまうリスクがあります。

いかがですか?手軽な自宅ケアについつい頼りたくなってしまうのはよく理解できるのですが、どうしても根本的な解決にはつながりにくく、トラブルに発展する可能性も高くなります。

やはり婦人科形成クリニックに相談し、体質に合った適切なケアを指導してもらうのが、一番だと思います。

ホームケアと組み合わせたお手軽なメニューもあるそうなので、ぜひ一度チェックしてみてください。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ