HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 20代の女性に見られる婦人科形成での悩み

20代の女性に見られる婦人科形成での悩み

若い女性でも婦人科形成系の悩みは抱えています。もしかしたら若い女性の方が周りにも相談しづらく、共感してくれる人も少ないため悩みは深刻かもしれません。40代や50代くらいになれば、体にも老いが見え始めるので同じような症状の人が周りに増えてきたり、情報交換ができたりすることもあるでしょう。しかし、まだ20代であれば老いや更年期とはほど遠く、あくまでも個人的な悩みが多いことが特徴です。そんな20代女性が抱える婦人科形成での悩みとはどんなことなのか、ひとつずつ見ていきましょう。

性交痛により、パートナーとうまくいかない

まず多いのが、性行為中に感じる膣の痛みのせいでパートナーとうまくいってなかったり、性行為自体が億劫に感じてしまうという悩みです。性交痛の原因は様々なことが挙げられます。ホルモンバランスの影響もありますし、処女膜が硬いために開口部を塞いでいる可能性もあります。生まれつき膣内の分泌が悪いという場合もありますし、何か精神的なことが原因で濡れにくいということも考えられます。まずは痛みの原因を追究し、原因に見合った治療を受けることが大切です。痛いのは体質なのかも、と諦めている方も多いと思いますが、治せる方法がきっとあるはずです。毎回痛がられるのはパートナーにとっても気の毒です。恥ずかしい悩みではありませんので、どうしても改善できない時はクリニックを受診してみることをおすすめします。

生まれつき小陰唇が大きいため、痛みが起きやすい

次は、生まれつきの女性器の形に関する悩みです。膣口、尿道口のすぐそばにある小陰唇は、通常大陰唇の中に隠れているような状態にあります。大陰唇は小陰唇の両隣にあり、名前の通り小陰唇より大きさがあるのが特徴です。ですが、大陰唇から飛び出ているような形で、小陰唇が生まれつき大きい方もいるのです。本来、大陰唇に守られている状態にあるべきなので、小陰唇の皮膚は薄く、とてもデリケートです。そのデリケートなものが外に出ているのですから、擦れたり強く触れると当然痛みを感じます。自転車やバイクなどの乗り物や、性行為中に痛みを感じる場合もあります。生まれつきだと気付くのも遅く、我慢をしてしまいがちですが、小陰唇肥大という名前があり手術によって治せるのです。一度大きくなった小陰唇は、今後さらに大きくなることはあっても、自然に小さくなることはありません。日常生活で痛みを感じるようであれば我慢はしないことです。

見た目が悪く、コンプレックスを抱いている

デリケートゾーンの悩みは年齢に関わらず、人には言いづらいものです。パートナーに指摘されて初めて気が付いたり、温泉などの施設で他の人と自分が違うことに気付いてしまったり、きっかけは何であれショックなことだと思います。また、最近ではデリケートゾーンであるVIOを脱毛することが主流になっていますので、陰毛がなくなったデリケートゾーンを見てがっかりする方も少なくないようです。デリケートゾーンは毎日下着で隠す場所なので、その下着によって擦れて色素沈着してしまうことも多くありますし、生まれつきという方もいます。色だけではなく、形や見た目にコンプレックスを持っている方もいるでしょう。先程の小陰唇肥大の治療と同じく、形を変えることも出来ますし、ピーリングという治療で色味を薄くすることも可能です。婦人科形成系での悩みには、様々な治療法、解決法があります。

まとめ

20代という若い女性の方が、恥ずかしさや躊躇いが強いので一人で悩みを抱えがちかもしれません。しかし、そういった悩みを解消するための専門クリニックは数多く存在します。そこには自分と同じような悩みや問題を抱えている女性がたくさん訪れているのです。若いうちに治療をしておけば将来快適に過ごせる時間が長いでしょうし、相談できる場所があると知っただけで今後何かあっても安心できると思います。悩む時間は少しでも短い方がいいのです。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ