HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 30代の女性に見られる婦人科形成での悩み

30代の女性に見られる婦人科形成での悩み

次は30代女性が抱える婦人科形成での悩みについて紹介したいと思います。30代は、20代ほど若くもないし、仕事や恋愛、出産などに対してもリアリティが増してくる時期です。仕事での責任なども重くのしかかり、周りに急かされて結婚や出産に焦りを感じる年代でもあります。女性の一生の中で一番輝く時期であると同時に、様々な選択を一気に迫られる時期でもあるのです。また、晩婚化が進んでいる今は30代で結婚や出産を経験するのが一般的になっています。精神的には大人な対応を求められ、肉体的には少しずつ衰えを感じ始めるこの年代はどんなことで悩んでいるのでしょうか。

20代よりも体力が衰え、膣が緩みやすくなる

20代の頃は、徹夜で飲み明かしても仕事で多少無理をしても全く問題なかったことが、30代に入ると少しずつ体につらさを感じ始めます。疲れやすくなったり肌の調子が悪くなったり、体力が続かない、お酒が次の日に残る、なんて経験も多いのではないでしょうか。やはり、まだまだ若いと思っていても20代に比べると体力に差は出てきてしまいます。婦人科形成に関する悩みでも多いのが膣のゆるみです。20代の頃は肌もツヤツヤしており、特に筋トレなどをしなくても体型をキープ出来ていたのが、30代になると同じものを食べても太りやすくなったり、筋肉が落ちて体型が崩れやすくなるものです。と同時に膣近辺の筋力も衰え、結果として締まりがゆるい膣になってしまうのです。急にゆるくなるわけではありませんが、初めてのことなので気付いた時は戸惑うでしょう。しかし、年齢を重ねた女性に訪れる当然の変化なのです。

出産での影響により、形が変化する

また、出産を経験することで膣がゆるんでしまうことも十分にあり得ます。膣だけではなく、小陰唇や大陰唇などの女性器の形が変わってしまうこともあります。まず、妊娠することによって子宮が下に下がってきます。胎児が大きく成長すればするほど下に落ちてくるので、膣開口部付近にある小陰唇や大陰唇が広がったり伸びてしまうのです。さらに出産となると、赤ちゃんの頭が膣口だけでなく、小陰唇や大陰唇をも押し広げて産まれてきますし、出産直前に会陰切開と言って膣口を広げるためにメスを入れます。それらの影響もあり、出産後は小陰唇、大陰唇の両ヒダが伸びきってしまったり、下に垂れたりと、前よりも形が変わってしまうという状況になりやすいのです。20代前半くらいで出産していれば、まだ皮膚の引き締まり感が高いので、そんなに形が変わることはないかもしれませんが、やはり30代となるとそうはいきません。出産後に婦人科形成を訪れる30代女性は多くいます。

小陰唇肥大により、日常生活で痛みが起きる

出産後に形を変えてしまった小陰唇は、日常生活で痛みを伴う場合もあります。本来であれば大陰唇より小さく、大陰唇のかげになって守られていた小陰唇が外側に出てきてしまうのですから、ちょっと擦れたりしただけで痛みを感じてしまうでしょう。下着を履き替える度に感じたり、自転車に乗るのがつらい程痛く感じる方もいるでしょう。出産後は子育てが中心の生活になるので、ちょっとしたことでも煩わしさは排除したいものです。それなのに、人には言えないような箇所が毎回痛むのはつらいことです。小陰唇の肥大は婦人科形成クリニックでの治療が可能です。痛みを我慢して悪化したり、雑菌が入ってしまっては大変です。言いづらいことでしょうが、家族へ協力を求め一度診察してもらうことをおすすめします。

まとめ

30代は、精神的にも肉体的にも一番微妙な時期なのかもしれません。周りから求められることは多くあり、自分自身も大人の女性であるという自覚を持つことから期待に応えようと無理をしがちです。無理を続けられるほど体は若くないので多少なりとも壊れてしまうこともあります。一番がんばってしまう時期である30代は、健康な40代以降を迎えるために、自分自身を労わってあげなければいけない時期かもしれません。20代の頃まかり通った無理はもう効きません。そのことを自覚し、少し肩の力を抜いてみることも大切です。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ