HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 婦人科形成で良く聞かれるコンプレックスの種類

婦人科形成で良く聞かれるコンプレックスの種類

婦人科形成を訪れる女性の多くは、人には言えない何らかのコンプレックスを持っている方がほとんどです。美容整形へ行く方にも同じことが言えるかもしれません。人は誰でも何かしらのコンプレックスを抱えながら日々を送っていますが、婦人科形成を訪れる女性が持つコンプレックスにはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ例を挙げて紹介したいと思います。そして、婦人科形成ではそれらをどのようにして解消していくのかも併せて紹介します。

左右の大きさがアンバランス

まず多いのが女性器の形です。小陰唇や大陰唇の形が左右対称ではなかったり、たるんでいたりといった悩みを持つ女性が多くいます。普段女性同士で見せ合う場所でもありませんし、基準が分からないと言ってしまえばそれまでですが、パートナーに指摘されてしまったり、自分でもおかしいと思うくらいの形をしていたり、下着からはみ出るほどたるんでいるという方も中にはいます。原因は加齢や出産が多いですが、生まれつき左右の大きさが違うという方も多いのです。婦人科形成では、メスを使った手術をすすめるクリニックがほとんどだと思います。余分な部分をキレイに切り取ることで、左右のバランスが整ったり、たるんで垂れ下がっていた部分がなくなりすっきりすることができます。術後しばらくはダウンタイムがありますが、傷跡が消える頃には形状も美しくなっているはずです。

臭いが気になる

自分自身の女性器の臭いをコンプレックスに感じる女性も少なくありません。臭いの原因はおりものだったり、すそわきがという汗腺が臭うものなどがあります。ですが、おりものが無臭の人というのも珍しい話です。生理がある女性であれば、黄体期、排卵期、生理の時期が一ヶ月の間に繰り返しやってきます。その時期により生成される女性ホルモンが異なったり、より分泌されたりと、ホルモンバランスにも変化が現れます。そのことによりおりものの臭いが多少変わったりすることは誰にでも起こることです。ですが、いつもと違う臭いを感じたり、おりものの色が変わってしまったりと、かゆみを伴うなど、とにかく気になるようであれば一度婦人科形成クリニックを受診してみた方がいいでしょう。専門家に臭いの原因を調べてもらえれば、改善する方法も見つかりますので安心できるのではないでしょうか。

軽度であれば、婦人科形成を行う必要はない

冒頭でも述べましたが、コンプレックスというものは大なり小なり誰もが持っています。コンプレックスがひとつもなく、毎日自信に満ち溢れている人間なんていないでしょう。ですが、自分が感じているほど、他人にとっては大したことではなかったり、なぜそんなことを気にするのか?と理解されないこともよくあります。コンプレックスというものは、自分が一番気にしているだけで、世間から見れば何でもないということもあるのです。婦人科形成に関する悩みでも同じことが言えます。女性器の形状は人それぞれなので、こうでなければいけない形や色などはありません。臭いに関しても自分が人一倍敏感になっていることだって考えられます。痛みやかゆみを感じたり、他人に迷惑を掛けるほど臭うなど、日常生活に支障をきたすのであれば病院に罹った方がいいでしょうが、何もないのであれば自分が単に気にし過ぎているということもあるので、ちょっと冷静に自分を省みることも必要です。

まとめ

婦人科形成に関するコンプレックスは、誰にも相談できずに抱え込むことでパートナーとのセックスレスへと陥ってしまったり、お互いが気まずくなることも稀にあるようです。気にし過ぎているということも考えられますが、一度気になったものを自分の中で打ち消すのは至難の業です。もし、どうしてもコンプレックスを拭えなかったり、他人と自分との基準が分からないくらいパニックになってしまうのであれば、やはり専門機関へ相談し安心させてもらうことが一番でしょう。コンプレックスは解消できるという強い気持ちを持つことも大切です。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ