HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 手術を行うデメリットとは

手術を行うデメリットとは

女性であれば一度は気にしたり悩んだ経験があると思いますが、その割に誰にも相談できないのが女性器の悩みです。他人と比べてみるわけにもいきませんし、自分だけが変なのかな?と悶々としてしまいがちです。そんな女性の味方となってくれるのが婦人科形成クリニックですが、施術を受ければ全てが解決するのでしょうか。デメリットや注意すべき点はないのか、順を追って説明していきます。

施術後によって肌トラブルが起きる可能性がある

一つ目のデメリットとして挙げられるのは施術後の肌トラブルです。婦人科形成の手術は、女性器の悩み全般に対応しています。大陰唇、小陰唇のたるみや色素沈着、クリトリス包茎、膣内の悩みなどを改善してくれる手術です。しかし、女性器そのものや、その近辺の肌というものはとてもデリケートな部分です。普段のお手入れなどでも気を遣う場所ですから、そこにメスを入れる行為は十分な注意と高度な技術が必要とされます。

医師の指示通り施術後のケアをきちんと行っても、なかなか痛みが引かなかったり、傷跡がしばらく残ってしまう場合もあります。どうしてもそこはデリケートな箇所ゆえ個人差が出てしまうので、施術前後は医師の指示を必ず守ることが大切です。施術後に不自然な痛みや痒み、肌トラブルを感じたらすぐに施術してもらったクリニックへ相談するようにしましょう。

医師によっては希望通りの施術をしてもらえないことがある

二つ目に挙げられるデメリットは、施術後の出来あがりが必ずしも自分の希望通りにはいかない、という点です。婦人科形成を希望する理由は人それぞれですが、最も多いと言われる大陰唇のたるみに関する悩みを例に挙げましょう。加齢や出産の影響で、若い頃に比べるとどうしてもたるんできてしまう箇所ではありますが、やはり昔のような引き締まった女性器を取り戻したいという希望を持ちながら施術に臨む女性も少なくありません。

しかし、実際に施術を受けた後に、何となく左右のバランスが悪い、思っていたよりたるみ具合が改善されていないなど、不満に感じてしまうケースも少なくないようです。これは様々な理由が考えられます。もともとの女性器の形成は決まっていますので、これが限界だという場合もあるでしょうし、医師の技術が未熟だったと考えられる場合もあります。経験がどれ位の医師が在籍しているのか、病院は慎重に選ぶ必要がありますし、施術を受ける前の相談は納得するまでじっくりと行うことが大切です。

高額な費用が掛かる

婦人科形成の手術費用は、他の美容整形と比べて高額なこともデメリットとして挙げられると思います。デリケートな箇所の施術であることと、他の部位に比べると高度な技術を要することから、二重埋没手術やボトックス注射などとは比較にならないくらいの金額を提示される場合もあります。目安として料金を紹介しますと、小陰唇縮小術が13万円から30万円、膣縮小術が25万円くらいから40万円、クリトリス包茎術が10万円から30万円、大陰唇のたるみを取る施術はクリニックによっては対応していないところもありますが、目安としては20万円ほどでしょうか。

あまりにも低料金なクリニックだと技術面で信用できませんが、平均よりも高額すぎるクリニックもあやしいものです。カウンセリング時や相談できるタイミングで、しっかりと料金の確認はしておいた方がいいでしょうし、なぜこの金額を提示しているのか、納得できるまで質問してみることをおすすめします。

まとめ

このように、婦人科形成を受けるには幾つかのデメリットがあります。事前のカウンセリングや自分から積極的に質問、確認することがいかに大切なのかがお分かりいただけたと思います。もちろん、もともとの自分の色素や形成の具合で手術を受けても変化できる限界はありますが、その辺りもベテランの医師であれば事前に確認が取れると思いますので、自分の希望は細かく伝えておくことがおすすめです。カウンセリングや質問の回答は分かりやすいか、納得のいく料金か、そして何より自分の悩みに向き合ってくれるクリニックかどうかが選ぶ際の重要なポイントです。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ