HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » ダウンタイムとは

ダウンタイムとは

ダウンタイムという言葉を聞いたことはあるでしょうか?美容整形や婦人科形成ではよく耳にする言葉です。ダウンタイムとは、施術を受けてから元のように回復するまでの期間のことを指します。美容整形や婦人科形成施術の後はどのくらいのダウンタイムがあるのか、ダウンタイム中に注意すべき点は何なのか、婦人科形成には付きもののダウンタイムについて詳しく説明していきます。

ダウンタイムとは?

身体にメスを入れて手術をするという行為は、思っている以上に身体にダメージが残ります。メスによる傷跡が付いたこともそうですが、手術を受けた体内では様々な組織編成や蘇生をしながら元の状態に戻そうと普段の何倍もの負担が掛かっているのです。婦人科形成手術に関しても同じことが言えます。今まであったものを切除したり整える手術をするわけですから、普段通りの日常生活が送れるようになるまではいくらかの期間が必要です。

その、回復するまでの期間をダウンタイムと呼んでいます。ダウンタイム期間中はいつもより安静にしなければならず、やってはいけないことも幾つかあります。それらの注意点を守らないと、せっかく施術を受けてもキレイな状態にはたどり着けないかもしれません。クリニックから受けた施術直後やダウンタイム期間中の注意事項は必ず守らなければいけません。

ダウンタイムから回復までどれくらいかかるのか

では一般的に、ダウンタイムから回復するまでにはどのくらい時間がかかるのでしょうか。傷の回復と同じなので、もちろん個人差があることですが、平均にして人間の身体が傷付いた場合(メスを入れた場合)、完治するまでの期間は約90日と言われています。婦人科形成は主に女性器部分の施術が中心です。女性器は常に下着で守られている箇所で外気に触れることもほとんどないため、だいたい1ヶ月前後をダウンタイムとしているクリニックが多いようです。

また、メスを使わずヒアルロン酸を注入するだけの施術もあります。その場合は3日から1週間前後と見ていいでしょう。ただし、ダウンタイムは施術の内容によっても異なりますし個人差があります。医師の指示を必ず守るようにしましょう。

ダウンタイム中にやってはいけないこと

ダウンタイム期間中は基本、安静にしていなければいけません。先程も少し触れましたが、体内では様々な組織が健康な状態に戻そうとがんばってくれている期間だからです。まず、お酒やタバコなどの嗜好品を摂取することは厳禁です。それらの嗜好品は血流や体内の栄養素に影響を与えますし、何より毒素を体内に摂り入れていることと同じだからです。

また、激しい動きや運動もしばらく控えた方がいいでしょう。傷口が開くかもしれませんし体内の血流を必要以上に上げることで施術箇所に影響が出てしまいます。ダウンタイム期間中は想像以上に身体が消耗してしまう期間でもあります。自分の身体を労わり、栄養と休養を取ることが何よりも大切です。医師に言われたことを必ず守り、ダウンタイム期間を過ぎても気になるところは遠慮なく医師に相談するようにしましょう。

まとめ

婦人科形成施術後は、箇所が腫れたりアザができてしまうことがよくあります。多少の痛みも伴うでしょう。それだけ身体に負担が掛かっているということになります。ですので、医師からダウンタイムは1ヶ月と言われたからきっちり1ヶ月で安静にしていた生活を止めていいというわけではありません。あくまでも目安の期間ですので、十分すぎるくらい労わってあげた方が後々のためです。また、性交渉はいつからできるのかという質問も多いようですが、性交渉もダウンタイム次第です。気になる方は必ず医師に確認することをおすすめします。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ