HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 膣にヒアルロン酸?婦人科形成で行う効果とは?

膣にヒアルロン酸?婦人科形成で行う効果とは?

加齢とともに膣内も老化していきます。加齢だけではなく、妊娠や出産を経験することでも同様です。締まりのないゆるみきった膣になってしまったり、潤いのない乾燥した膣内になってしまうこともあります。そんな老化現象を解消してくれる治療法のひとつに膣内にヒアルロン酸を注入する方法があります。ヒアルロン酸を注入することで、膣の中はどのように変化するのでしょうか。それぞれ調べてみたいと思います。

膣のゆるみが改善される

一つ目に挙げられるのは、膣のゆるみを改善できるという点です。膣のゆるみは、加齢によるものだけでなく、妊娠や出産を経験した女性にも多く見られます。ヒアルロン酸を膣内に直接注入することで、膣壁に厚みが増します。膣内は肉厚で弾力も再生されますので、むかしのようなふっくらとした膣内へ戻れるという仕組みです。膣内がゆるいと、お風呂やプールなどに入った際に、膣内に水が入りやすいという現象が起きます。お風呂から上がってしばらくすると、じわっと下着を濡らしてしまったという経験はないでしょうか。膣内が膨らむことで、そういった困った現象も解消されるのです。膣のゆるみは、放っていおくと尿漏れなどの現象も引き起こします。そうなってしまう前に、悩んでいる方は早めに治療を受けることをおすすめします。

潤い力がアップがする

二つ目は膣内の潤いがアップすることです。そもそもヒアルロン酸は水分を保つ役割を持っています。その威力は素晴らしく、たった1gのヒアルロン酸で、6Lもの水分が保持できると言います。人の身体にある水分は、年齢を重ねるにつれて減っていってしまいます。もちろん膣の中も同様です。水分が少なくなった膣内は硬さが増し、性交時に痛みを伴ったりします。また、乾燥した膣内は細菌が繁殖しやすくもなってしまいます。そこへヒアルロン酸を注入することで、潤いと柔らかさが再生されます。潤いを維持するには水分が必須です。水分を含み潤いを取り戻した膣内は、前のように自己免疫力も付き、炎症や臭いの解消へも繋がります。今までは苦痛でしかなかったパートナーとの性行為も大幅に改善されるかもしれません。普段自分で確認することのない場所ですが、膣内環境は女性にとってとても重要なのです。

感度がアップし、感じやすくなる

ヒアルロン酸は膣内にまんべんなく注入するのが一般的ですが、要望があれば特定の場所だけを膨らませたりすることも可能です。潤いを取り戻した膣内は、それだけでも感度が確実に上がっていますが、さらにアップさせることも可能なのです。例えば、膣内のヒダを多めに作るような形状にしたり、性感帯と呼ばれる部位だけを特に膨らませて感度を上げることも可能です。婦人科形成は、形状や見た目を美しくするだけではなく、女性が持つ悩みを解決できる治療法をいくつも持っています。性行為で絶頂感を得ること、満足感を得ることは女性だけではなく、パートナーにとっても必要なことです。お互いが満足できることで幸せも得られるでしょう。相性が悪いから、と諦めている人も多いでしょう。しかし、婦人科形成クリニックで解決できる術が見つかるかもしれません。諦めずに一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

今まで、歳を取ったから、出産をしたから、と膣が衰えていくことを諦めてしまっている方は少なくないと思います。しかし、膣内を若返らせる方法はいくつもあるのです。膣を乾燥させたままにしたり、ゆるんだ状態のまま放っておくことは危険が伴います。細菌が繁殖したり、将来尿漏れ体質になってしまう可能性もあるのです。若返るだけではなく、そういった危険因子を解消できるというメリットもあります。婦人科形成には同じ悩みを抱えた女性がたくさん来院しています。恥ずかしいことでは決してありませんので、今の症状を話してみるだけでも楽になるかもしれません。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ