HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 保証制度とは?

保証制度とは?

女性の抱える悩みを解消する婦人科形成治療では、術後、患者にかかる負担を軽減するために保証制度を採用している医院が存在します。治療は当然、手術だけで完結するものではなく、その後のケアが何よりも重要となります。

そのため、再診や再手術を無料化することで患者の経済的・精神的負担を軽減する保証制度について知ることは、極めて重要です。ここでは、術後の具体的なアフターフォロー、保証制度について見ていくことにしましょう。

術後の様子を定期的に診てもらえる

婦人科形成では抜糸不要の糸を使っていることも多く、再診の必要がないこともあります。ただし、すべての医院で行われているわけではなく、基本的には再診で術後の経過を見守るケースも少なくありません。

◆術後の再診は無料
医院の中には術後の再診料を無料にすることで、患者の経済的な負担へ配慮してくれるところもあります。無料最新に関してはカウンセリングの段階で忘れず確認しておくようにしましょう。

◆無料再診はアフターケアの主軸
毎日のケアに加え、無料再診も重要なアフターケアとなります。術後の経過に不安や違和感がある時は迷わず利用しましょう。経過を診てもらうことで安心にもつながり、最適なアドバイスが得られます。

◆患者の経済および精神に優しい保証
患者には手術による肉体的な負担だけでなく、治療費といった経済的な負担ものしかかります。しかし、術後検診の無料保証があると、患者は医療費の心配をする必要がありません。

効果に満足いかない場合、再手術を無料で行ってもらえる

医師が再手術が必要と判断した場合、手術の無料保証が用意されている医院もあります。婦人科形成の手術ではカウンセリングを通じて治療方針や流れ、術後の経過などが説明されますが、時には再手術が必要となるケースもあります。

◆術後の経過が芳しくない場合
再手術が必要となるケースはそれほど多くはないものの、痛みや腫れ、出血など術後の経過が芳しくない場合、または女性器の形状が不ぞろいといった際に手術が必要となる可能性も否めません。

◆手術の結果に満足がいかない場合
手術が無事終わり、経過が良好であったとしても、患者がその効果に満足していない場合は医師の判断の下で再手術を受けられる可能性があります。手術は女性器に大きな負担をかけるため、再手術には入念な診察および施術前後の写真判定が行われるのが一般的です。

ただし、再手術を無料で行っているか否かは医院ごとに異なるため、カウンセリングなどの事前相談を通じて確認しておきましょう。

失敗した場合、費用の返金はされないのか

痛みや出血が長く続くなど、術後の経過が思わしくないなどの場合を除き、婦人科形成における成功や失敗は患者の判断にゆだねられています。手術が無事に済んだとしても、女性器の形状が左右不ぞろいであると患者が判断すればそれは失敗となるかもしれません。

それでは、こうした場合に医院や医師に返金を要求することはできるのでしょうか。結論から言うと、手術の結果に対する返金保証を明言している医院は確認できず、方法としては手術を担当した医師に直接相談するしかありません。

また、手術に失敗したと患者が判断しても、再手術は体に大きな負担をかける行為です。短期間で繰り返すことはできないことから、少なくとも数カ月の間は体を休ませるべきとの判断が下るケースもあります。

以上の通り、手術の失敗がいかなるものかにもよりますが、治療費の返金に関しては保証が明文化されているわけではありません。そのため、手術には細心の注意と確認をもって臨むべきだと言えます。

まとめ

婦人科形成を行う医院では少しでも患者にかかる負担を減らそうと、いくつかの保証制度を設けています。こうした制度は診療科目や術後一年以内など条件がついているため、カウンセリングの段階で自身の治療に関係する保証が何かを忘れずに確認しておくようにしましょう。

ホームページなどで確認するのも良いですが、実際に治療を担当する医師に尋ねておく方がより安心です。後で慌てることがないように、保証制度の確認を怠らないようにしましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ