HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 必要な準備とは?

必要な準備とは?

女性特有の悩みを解消する婦人科形成手術。カウンセリングを通じて症状を伝え手術をするまでが一般的な流れとなっています。しかし、通院の前には何点か準備しておくべきことがあります。安全に手術を受けるためにぜひ覚えておきたいポイントばかりです。

術前の不安を取り除き、適切なアフターフォローにより術後の経過を良好にするためにも、ここでは婦人科形成で必要となる「症状の把握」や「カウンセリング予約」、そして「衛生管理」などについて解説します。

自分に起こっている症状について確認する

どのような症状で悩んでいるのかは患者本人にしか分からないため、カウンセリングや診察の前にしっかりと準備・チェックしておくことをおすすめします。

婦人科形成では主に「膣」「小陰唇」「クリトリス」が手術の対象となっているため、こうした点に留意して症状を確認しておくようにしましょう。

◆症状のチェックポイント
ポイントとしては以下の点が挙げられます。
・大陰唇や小陰唇の見た目や形
・クリトリスの包皮
・膣の緩み
・不感症、性交痛

上記の点で気になるところや、違和感のある症状をまとめておき、カウンセリングの際にしっかりと伝えるようにしましょう。実際の診察では、カウンセリングでのヒアリング内容をもとに診断、手術の妥当性を医師が判断します。

自身の症状について知ることは治療の大切な一歩。些細なことでも医師に伝えられるように準備しておくことが重要です。

カウンセリング・診察の予約を取る

自身の女性器で気になる点や痛みといった症状を把握した後は、婦人科形成医院でのカウンセリングを受けることになります。多くの不安を抱える患者にとって、カウンセリングは不安を解消し、自分の体に対する自身をつけるために重要な一歩となるため、しっかりと準備しましょう。

◆カウンセリングには事前予約が必須
カウンセリングや診察には事前予約が必要となります。予約は電話、またはメールなどで問い合わせ、具体的な日程を決めることとなります。カウンセリングでは症状や抱える不安などのヒアリングが行われるため、伝える内容をまとめておくとスムーズです。

◆カウンセリングは診察前の貴重なステップ
診察はカウンセリングで得られた情報をもとに行われます。どちらも担当医師が一貫して行うこともあり、患者が納得するまで説明をしてくれますので、積極的に尋ねると良いでしょう。

診てもらいたい部分を清潔にしておく

抱える症状やカウンセリングのほかに、もう一つ入念に準備しておくべきことがあります。それは「性器を清潔にしておく」ことです。婦人科形成では医師が膣や小陰唇・大陰唇などの診察にあたります。

そのため、可能な限り性器は清潔にし、自然な状態を保つようにしましょう。ただし、性器の洗浄は外側のみに留め、内部を洗ってはいけません。これは、性器の検査を正しく行うためです。

加えて、注意すべき点は以下の通りです。
・受診前日の性行為は避ける
・受診前日にアンダーヘアを処理しない
・メイクは薄めに
・ゆったりとした服装

性行為やアンダーヘアの処理は、性器の状態を変えてしまう恐れがあるため、避けた方が良いとされています。また、医師は患者の顔色から体調を診断するため、メイクも極力薄めに抑えましょう。診断は脱衣することもあるため、着脱しやすいゆったりとした服装が推奨されています。

まとめ

婦人科形成では患者の症状を正しく把握することを何より重要としています。そのため、日頃の症状をなるべく正しく伝える必要があり、その準備として症状の把握や性器を清潔にしておくことは極めて大切です。

また、カウンセリングではありのままを伝えるようにします。デリケートな問題なため、中には返答に困ることもあるかもしれません。しかし、医師の質問は今後の治療方針を決めるものです。最適の治療を受けるため、正直に答えましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ