HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 手術を行うメリットとは

手術を行うメリットとは

婦人科形成で治療を行う一番のメリット。それは長年抱え続けた体の悩みや不満を解消できる点です。女性器の形状や出産による膣内の変化など、誰にも相談できない悩みで苦しんでいる女性がいることも確か。

治療にはカウンセリングや手術前の決断、手術後のケアが伴うものの、得られるメリットの大きさから検討する女性も少なくはないようです。

ここでは、婦人科形成の治療で得られる効果や、その後の生活に与える影響、そしていくつかのメリットなどをご紹介します。

擦れや黒ずみといったトラブルを防げる

女性器の悩みで多く聞かれる下着の擦れや、先天的な黒ずみも婦人科形成手術であれば解消できる可能性があります。健康に対する影響はそれほど大きくなくても、精神的なストレスが続くことが良くないのは明白です。

では具体的にどのような悩みを解消してくれるのでしょうか。

◆膣縮小で緩みを解消
出産の影響や加齢によって生じた膣の緩みを解消できる治療が膣縮小手術です。膣の入り口付近のヒダを切除、または縫合するのが一般的とされ、緩みの状態が進行している場合は周辺の括約筋との縫合が行われることもあります。

◆小陰唇縮小で見た目の改善
小陰唇が大きすぎると下着や自転車のサドルなどに擦れてしまい、痛みや炎症、腫れにつながります。手術で皮膚の一部を切除することで、余計な黒ずみや腫れによる痛みを防ぐメリットがあります。

◆クリトリス包皮除去で衛生面の強化
クリトリス周囲が皮に覆われているとその部分に汚れが溜まり、ニオイや痒み、炎症の原因となります。包皮の一部を除去することで、こうした衛生面の問題を解消することが可能です。

女性としての自信が持てる

女性の中には、膣の緩みや女性器の黒ずみ、ニオイなどを男性から指摘され、傷ついている人もいます。ニオイや汚れに関しては日頃の入浴や洗浄である程度解消できますが、女性器の構造に関しては個人差が大きく、自分ではどうすることもできません。

こうした悩み、不満を解消できるのが婦人科形成の大きなメリットなのです。医院やクリニックでは患者の不安を和らげ、効果的な手術を行うためにカウンセリングを実施しています。

すべてのケースで手術が必要となるわけではなく、患者の症状次第では手術するメリットよりも体にかかる負担の方が大きくなることもあります。こうした場合は検討が必要になることも忘れてはいけません。

手術する場合においては、術後の経過を慎重に見守る必要があるものの、その時期さえ過ぎてしまえば女性器にまつわる不満は解消されます。女性が自信を持って生きる一つの手助けとして婦人科形成治療が存在するのです。

短時間で高い効果を得られる

女性の中には何年も女性器の悩みを抱え続けている人もいるでしょう。婦人科形成治療では最初は医院選びからカウンセリングまでのハードルが高いものの、一度手術を受けてしまえば悩みの種を取り除くことができます。

治療にかかる時間はおよそ30分から60分程度とされています。もちろん、症状や治療内容によっても時間に差が出るものの、多くの場合は日帰りできてしまうレベルの手術ばかりです。現在は抜糸不要で体内に吸収されるタイプの糸もあるため、再診の手間もありません。

このように短時間で高い効果が得られるあたりも婦人科形成のメリットと言えます。基本的に手術は短時間で終わり、術後の経過に関するフォロー体制も整えられていることから、それほどリスクは高くないもののゼロではありません。

納得の治療を受けるためにも医院選びはカウンセリングを通じて慎重に選ぶことが大切です。

まとめ

女性特有の悩みを解消する婦人科形成治療は、体の痛みや不安を取り除き、女性が自信を持って生きるためのきっかけを与えてくれます。

カウンセリングや診断を通じて症状を探り、その解決として手術が行われますが、手術を強制されたり、急かされたりといったことはありません。必ず患者自身が納得した上で手術が受けられるように配慮されています。

長く悩んでいた女性器の悩みをわずかな時間で解消できる点は、婦人科形成治療の持つ大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ