HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 婦人科形成で主に聞かれる問診の内容とは

婦人科形成で主に聞かれる問診の内容とは

婦人科形成クリニックで、まず最初に受けるのが医師との問診です。問診は自分の悩みやなぜ来院したのか、どう変わりたいのかなどを具体的に医師に伝える絶好のタイミングです。実際に医師にどんなことを聞かれるのか、具体的なシミュレーションを兼ねて紹介していきましょう。

婦人科形成に来院履歴や動機

まず聞かれることは来院目的、動機です。現在どんな症状を抱えており、いつ頃から続いているのか、痛みや違和感はあるのかなど、細かく聞かれると思います。他にも、女性器に関わる部分であればより細かくプライベートなことまで聞かれると思います。性感染症などの可能性を懸念して、性体験の有無を確認されるでしょう。妊娠や出産の有無、流産手術の有無や生理周期や経血量がどのくらいかなどの月経に関する情報も聞かれる可能性があります。正確に伝えられるように事前にある程度準備しておくといいでしょう。また、過去に婦人科形成クリニックで治療を受けた経験があるかの履歴も確認されます。初めてなのか、過去に施術歴があるのかによって治療内容が変わってきますので、そちらも正確に答えられるよう、何年前で治療期間はどのくらいだったのか、どんな治療内容だったのかを予めまとめておくようにしましょう。

病気や怪我などをしたことはないか

既往歴、現在進行形の疾病の有無、過去の怪我歴なども問診時に質問されると思います。婦人科系の疾病に関わらず、過去の既往歴については全て申告するようにしましょう。婦人科形成は病気ではないものの、施術が必要なケースがほとんどですし、体にメスを入れるケースなどもあることから、医療行為と同等に考えた方がいいと思います。適切な治療が受けられるように過去の病気や怪我、もしくは現在治療中の病気などはどんなことでも詳細を伝えるようにしましょう。また、服用している薬などがあればそちらも申告した方がいいので、薬名がすぐ分かるように処方箋などを持参した方がいいでしょう。また、家族に大きな病気をしたことがある人はいないかを質問される場合がありますので、家族の病歴についても事前に調べておくことをおすすめします。

アレルギーの有無

また、自身のアレルギーについても正確に把握しておくようにしましょう。アレルギーの有無、アレルギーがある場合は何に反応するのか、どういった症状が出るのか、具体的に伝えるようにしましょう。それによって処方される薬の内容が変わったり、治療内容が変わることがあります。ただクシャミが出るだけのアレルギーだから大丈夫、などと自己判断しては決していけません。アレルギーには、アナフィラキシーショックと呼ばれる、最悪に死に至るような重篤な症状が起こる場合もあります。草花によるアレルギーやハウスダスト、食べ物や飲み物など、アレルギー反応は様々なもので引き起こります。服用する場合や治療で使用する薬によって、アレルギー反応を増幅させてしまうことは十分に考えられるのです。病院で診断を受けていなくても、自分で「これを食べるとおかしいな」と感じるレベルのものまで細かく申告するようにしましょう。

まとめ

問診は医師からの質問に正確に答えることが大切ですが、自分の意思や疑問点などを大切な伝える時間でもあります。具体的にどんな治療を受けるのか、どんな手術を受けるのか、術後はどんなセルフケアをすればいいのか、どのくらいで手術跡がキレイになるのか、など不安に思うこと疑問に思うことはどんどん質問しましょう。そのためには、手術後に自分がどう変わりたいのかを具体的に伝える必要性も出てきます。イメージしている自分をしっかりと伝え、そのイメージ通りに変われるのかを先生に確認することも大切です。明るい気持ちで手術に臨めるように、不安は問診時に解消するようにしましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ