HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 40代以降に見られる婦人科形成での悩み

40代以降に見られる婦人科形成での悩み

女性はいずれ更年期という時期を迎えます。閉経する前後10年間が一般的にその時期だと言われており、40代に突入すると体に様々な変化が訪れ、体調を崩しやすくなったり、むかしは普通に出来ていたことが出来なくなったりします。婦人科形成クリニックを訪れる女性も40代が多く、様々な悩みを持って訪れる方がほとんどです。ちょうど人生の折り返し地点でもある40代の女性が多く持つ悩みについて、それぞれ紹介していきたいと思います。

加齢により、見た目が悪くなる

加齢は誰にでも訪れるものです。シワやシミが増えてきたり白髪が増えたり、筋力が衰えて体が全体的に垂れてしまったり、見た目だけではなく体力的にも衰えを感じるようになるでしょう。老いは全員に訪れることなので仕方がないと言えば仕方がありません。しかし、今の40代女性はまだまだ美しく若さをキープしている人も大勢います。人目につく顔や体型をキープするだけでなく、きちんと婦人科形成で治療を受けたりケアをしてもらっていたりする方もたくさんいるのです。顔の皮膚が垂れてしまうように、女性器にも老いは訪れます。人目に触れる箇所だけを必死に整えても、服を脱いだ途端年相応に戻ってしまえば、そのギャップで余計老けて見られるかもしれません。下着の中身まで若々しくいられるようにするのが大人の素敵な女性と言えるでしょう。

女性ホルモンの減少により、痛みや炎症などを引き起こす

今は美容法が充実しているので見た目を変えることはある程度可能です。そのため、ある程度歳を取っていてもキレイな女性が増えてきています。見た目を変えることができても、体内で起こる変化を止めることは不可能です。そのひとつがホルモンです。人間の体を維持するのにホルモンはとても重要な役割を持っています。特に女性が女性らしい体付き、髪のツヤなどを維持するのに女性ホルモンは欠かせない存在です。しかし、残念ながら閉経が近づく40代頃から女性ホルモンは次第に減少していきます。そのため、膣内が乾燥しやすくなるという現象が起こるのです。性交時に痛みを感じたり、膣内炎症を起こしやすくなる原因になります。婦人科形成には、そういった悩みを相談にくる女性も多くいます。膣内にヒアルロン酸を注入するなど、治療法はいくつかありますので、気になる方は是非相談だけでもしてみてください。

筋力のゆるみにより、尿漏れが起きやすくなる

歳を取れば体力が落ちてくることを実感するでしょう。体全体の筋力や内臓機能が衰えてくることが原因です。その筋力の衰えは女性にとって大切な箇所にも影響を及ぼします。骨盤底筋という筋肉が衰えることで、膣の引き締め感がなくなりゆるくなってしまったり、尿漏れをしてしまうこともあるのです。あまり人には言えない悩みなので周りで聞くことは少ないかもしれませんが、婦人科形成クリニックには膣のゆるみや尿漏れの相談がよくあります。また、出産を経験すると膣が広がってしまうので後々ゆるんでしまうということもあります。筋肉は一度衰えてしまっても、トレーニングをすれば再生することが可能です。しかし、なかなかトレーニングに割く時間も取れないし、今すぐ治したいという方は婦人科形成での治療が可能です。膣を縮小する手術もありますし、メスを使わずに脂肪やヒアルロン酸を注入し、膣内をふっくらさせるという治療法もあります。

まとめ

若い頃は何も気にしていなかったことが、40代に突入すると急に色々現れてきます。気持ちだけはいつも若くて元気だと思っていても、ホルモンバランスの影響でメンタル的にも落ちてしまったり、いうことの効かない体にさらに落ち込んでしまうこともあります。そのまま一人で抱え込まないことが大切です。婦人科形成クリニックは、そういった女性の心の不安や悩みを解消してくれる場所でもあります。ちょっとの勇気で変われることは大きいと思うので、まずは気軽にカウンセリングで思いを吐き出してみてはいかがでしょうか。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ