HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 年齢制限はあるのか

年齢制限はあるのか

婦人科形成手術を受けてみたいけれど、年齢制限はあるのかが気になるところです。出産経験や年齢とともに女性器の形成が変わってくる方もいますし、生まれつき気になる形成をしているという方もいると思われます。未成年のうちから受けることができるのか、逆に高齢になっても受けれられるものなのか、詳しく見ていきましょう。

未成年でも婦人科形成を受けられるのか

まず、未成年者の場合です。未成年の方は、どんな手術でも保護者の同意が必要になるのが大きな注意点です。独断では手術を受けられないため、クリニックに相談する前にまず保護者に相談しなければいけないという難関があります。いくら親でもデリケートな悩みですので、相談しづらいと思う方も多いでしょう。そういった方は残念ながら自分が成人するまで待つしかありません。

しかし、保護者の同意が得られれば他の人と同様に施術を受けることが可能です。未成年でクリニックに相談に来る方というのは、やはり元からの形成が気になるという方がほとんどのようです。もしくは将来のことを考えて今のうちに治しておこうという方もいるでしょう。もし、未成年の方で女性器関連の悩みを持っている方は、まずは勇気を出して保護者の方に相談してみることをおすすめします。一人では解決できることではありません。勇気を出したおかげで解決への糸口が見つかるかもしれません。

どれくらいの年齢の方が受けているのか

婦人科形成クリニックを利用している方の年齢層について調べてみましょう。年齢層は実に幅広く、未成年である10代から70代の女性までと多くの層が利用しています。まだ10代であれば先程述べた通り保護者の同意が必要になりますが。成人になれば自分の意思で自分のタイミングで決めることができます。婦人科形成を受診する方々の悩みは様々です。

左右のバランスや形、たるみを気にする方、黒ずみなどの色素や臭いを気にする方、陰部の炎症を起こしやすいという悩みを相談に来る方も少なくありません。それらの悩みはいつ症状として現れてくるのか誰にも分かるものではありません。出産直後から気になる場合もあるでしょうし、生理中が特に不快に感じたり、年齢が進んで気付く場合もあるでしょう。気付いた時がそのタイミングです。年齢など気にせずに受診してみることが大切です。

高齢者の方でも婦人科形成を受ける人がいる!?

婦人科形成で一番多い年代は50代だそうです。年齢とともにたるみやくすみを感じる方が多いのでしょうし、閉経しやすい年代でもありますので安心して受けられるというのが理由ではないでしょうか。何歳くらいまで受診して大丈夫なのか?と不安に思っている方もいるかもしれませんが、60代、70代になっても受診に訪れる女性は多いそうです。

将来、もし介護をしてもらう立場になった時に恥ずかしくないように、迷惑を掛けないようにという理由で手術に臨む方が多いようですが、まだまだ美容の一環として手術を受ける方も少なくないようです。結婚や出産を経て、子育ても終わった落ち着いた頃に自分の容姿を省みてみるというのも素敵なことです。年齢のことで恥ずかしがる必要は全くありません。

まとめ

世間は美容ブームが高まってきています。若い女性はもちろんですが、50代、60代になっても美しいプロポーションを保っている美魔女ブームの火もいまだ消えることはありません。幾つになっても女性が女性らしくあり続けることは、自分自身だけではなく周りをも明るくしてくれます。婦人科形成もそんな美容意識が高い女性達が年齢を気にせずに利用ができる時代になったということで、それだけ需要が増えているということになります。もう歳だから、恥ずかしいから、などと気にしていては実にもったいない時代なのです。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ