HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 女性器のにおいを婦人科形成で解消しよう

女性器のにおいを婦人科形成で解消しよう

自分の女性器のにおいに悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか。いつもではなくても、時々感じることがある、という方もいるでしょう。女性器のにおいの原因はほとんどがおりものによるものです。どんな場合が異常なのか、何らかの疾病に関係しているのか、解消法や治療法にはどのようなものがあるのか、それぞれ調べてみましょう。なかなか人には打ち明けることが難しいため、一人で悩みを抱えている方も多いと思います。是非参考にしてみてください。

においは病気のサイン?

まず、女性器がにおうことで考えられる病気について紹介していこうと思います。まずはカンジダ膣炎です。カンジダという名前を聞いたことがある方は多いと思います。これは女性が罹りやすい疾患のひとつで、免疫力が低下し疲れている時などに発症しがちです。いつもと違うおりものが出たり、膣口付近が強烈にかゆくなるなどの症状が出ます。次はクラミジア感染症という疾患です。こちらは感染症の一種ですが症状が出ないことが多く発見が遅れやすいという特徴があります。細菌増殖による疾患も多くあります。細菌性膣症やトリコモナス膣炎などです。これらの病気に罹った際はパートナーへも菌が感染している可能性が高いため、一緒に検査を受ける必要があります。膣周辺はデリケートなため、無菌すぎても良くありませんし、逆に洗浄が少なすぎても菌が発生し病気になってしまいます。少しでも異常なにおいを感じたらすぐ病院へ行ってみましょう。

市販の薬で解消できないのか

それでも病院へは恥ずかしくて行きづらいという方も中にはいるでしょう。最近では市販の専用薬が売っていることもあります。先程挙げた疾患の中で女性が多く罹ってしまうカンジダ膣炎などは、市販の塗り薬や膣内へ挿入する錠剤などが増えてきています。カンジダ菌は常在菌として人間の皮膚や腸内などに存在しているのですが、免疫力が低下することで菌が繁殖するという特徴があります。自然に免疫力が戻るに従い、膣内も正常に戻るケースもありますが、重度になってくると薬や治療が必要です。しかし、自己判断で市販薬を使用した場合は危険も伴います。万が一別な疾患だった場合、薬が効かないどころか悪化させてしまう可能性もあるからです。初めて嗅ぐようなにおいだったり、おりものが出た場合は、まず自己判断せずに病院で検査してもらうことが一番安全です。原因が分かれば正しい治療を受けることもできます。

婦人科形成ではどんな治療法がある?

婦人科形成クリニックでも膣炎や感染症に関する治療を行っています。まず、女性器のにおいが必ずしも病気に繋がるとは限りません。においの原因は様々です。加齢によるもだったり、過剰なストレスや乱れた食生活が原因することもあります。また、夏場などは下着のムレから来る場合もあるでしょうし、洗浄方法が間違っていたり、おりもの臭ではなくすそわきがが原因であることも考えられます。それぞれの原因に合わせて、処方が必要だったり、生活習慣の見直しが必要だったり、クリニックでの治療が必要だったりと、改善方法を選択する必然性が出てくるのです。婦人科形成クリニックでは様々な症状に合わせて治療が可能ですし、同じような悩みを持つ女性が多く来院する場所です。自分一人で抱え込まずに少しだけ勇気を出して受診してみてください。原因が分かれば改善できるので早めに悩みを解消してしまいましょう。

まとめ

女性器のにおいには大きく分けて二種類あります。おりものの異常からくる場合と、すそわきがや皮膚のムレからくる場合です。おりもの臭の場合は細菌や感染症が原因になっている場合があります。すそわきがはおりものとは全く関係なく、アポクリン汗腺という汗を排出する腺に原因があるのです。その場合ですと治療法などが全く異なってきますので注意が必要です。すそわきがは緊張したりストレスを強く感じる時に臭いやすくなりますので、もしかしたら?と思う方はどういう状況で臭ってしまうのか意識してみてください。何事も早めに気付くことが大切ですし、自分で原因がわからない時はすぐにクリニックを受診してみるのが良いと思います。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ