HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 尿漏れしやすい女性に見られる特徴

尿漏れしやすい女性に見られる特徴

尿漏れを経験したことのある女性は意外と多いかもしれません。婦人科形成クリニックにも尿のことで相談に来る患者さんが多くいます。席を立った時やふとお腹に力を入れた時などに漏れてしまったり、トイレを我慢できずに漏らしてしまうというケースもあるでしょう。なぜ尿漏れは発生してしまうのか、その原因やメカニズム、症状や特徴などについて紹介していきたいと思います。こっそり尿漏れに悩んでいるという女性の方は是非参考にしてみてください。

年齢を重ねている

まず一番多いのは加齢を原因とするものです。年齢とともに身体のあちことが衰えてしまうことは、ある意味致し方ないことです。骨盤の近くには骨盤底筋群と呼ばれる箇所があります。骨盤底筋群とは、恥骨直腸筋や外肛門統括筋などの筋肉の総称を言います。それらの筋肉は尿道口や膣口、肛門などの締まり具合を維持している筋肉です。年齢とともに骨盤底筋群が衰え始めると、尿道口を抑えることが難しくなり漏らしてしまうという現象が起きるのです。また、膀胱の上にある子宮などの内臓が垂れ下がってくることで、膀胱を圧迫しやすくなることも原因のひとつです。何が原因であるかを正しく知ることが先決ですので、まずは泌尿器科などの病院を受診し、尿漏れの原因を教えてもらうことが大切です。年齢を重ねていても、原因が分かればそれに見合った治療法がいくつもあります。

出産の経験がある

次に多いのは出産の経験がある女性です。妊娠時はお腹に赤ちゃんを宿している都合上、どうしてもお腹近辺に負荷を掛けることができません。一年近くお腹回りの筋肉を使わない状態が続くので、どうしても筋肉が衰えてしまいます。また、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ、支えてくれている骨盤底筋群が引き延ばされてしまいます。さらに出産という経験により膣内が大幅にゆるんでしまうのです。それらの状態が重なることで、出産後に尿漏れを頻発する女性が増えています。引き延ばされてしまった筋肉は、元通りになる場合もありますが、年齢や条件によっては厳しい場合もあります。また、完全に使わなくなった筋肉も自力ですぐ戻すことは難しいでしょう。出産後の女性に多いのは、立ち上がった時やお腹に力を入れた時に漏らしやすい腹圧性尿漏れです。

姿勢が悪い

姿勢が常に悪い女性にも尿漏れ症状の方が多く見られます。姿勢が悪いだけでなぜ?と思うかもしれませんが、姿勢が悪いことが原因ではなく、姿勢が悪くなった過程の中に尿漏れの原因も含まれているのです。姿勢が悪いということは、お腹や腰回り、背中などに力が入っていないということです。つまりその周辺の筋力が人より劣っているということなのです。もうお分かりだと思いますが、お腹周辺の筋力は尿道口関連と密接に関係があります。姿勢が悪い方に多いのも、出産後の方と同様に腹圧性の尿漏れです。筋肉を付けることが治療に繋がりますが、生まれつき骨格の構造などが原因で筋肉が付きづらいというケースも稀にあると思います。できる範囲で自分でトレーニングすることも大切ですが、婦人科形成として治療できることも多くあります。一人で悩まずにまずは相談してみてください。

まとめ

尿漏れの原因は他にもいくつかあり、太りすぎて下腹部の脂肪を支えるのに骨盤底筋群に負担を掛け過ぎていたり、長時間の立ち仕事で内臓が人より下がっていることが原因になっている方などもいます。婦人科形成では、膣にヒアルロン酸を注入して引き締め効果を狙ったり、レーザーで尿道近辺や膣内を収縮することで尿漏れを防いだりと、いくつかの治療法を持っています。まずは原因を探ることが先ですが、一番大切なのは一人で悩んで放っておくことです。一日でも早い治療が必要ですので、恥ずかしがらずにカウンセリングからスタートしてみることをおすすめします。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ