HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 婦人科形成の医師は男性・女性どちらが良い?

婦人科形成の医師は男性・女性どちらが良い?

婦人科形成の医師は女性だけではなく、もちろん男性もいます。これから婦人科形成を受診したいと考えている方は、男性女性どちらの医師が良いのか、迷っている方も多いと思います。そんな方のために、男女それぞれの医師を選ぶメリットや男女比率などを紹介したいと思います。デリケートな悩みが多い婦人科形成だからこそ、医師選びは慎重にならなくてはいけません。是非参考にしてみてください。

婦人科形成の医師は男性女性どちらが多い?

では、まず男性女性でどちらの割合で医師が多いのか調べてみましょう。婦人科形成に限らず、現在の日本にいる医者の割合は圧倒的に男性が多いことが特徴です。約30万人ほど在籍している中、8割近くが男性です。年々女性医師も増えてきてはいますが、まだまだ男性の数には及びません。全体的に、日本の医療業界は医者不足という事態に陥っています。総合病院などの大きな病院では、少ない人数で過酷な労働条件のもとフルタイムで働かなければならなかったり、田舎に行けば行くほど医師が不足しているという厳しい現状です。そんな中、婦人科形成は割と新しくできた科目であり、緊急性を伴うことも少ないことから人気のある科ではありますが、クリニック自体が主要都市にしかなかったりとまだまだ全国的に浸透していないのが現状です。男性が圧倒的に多いのが現実ですが、患者が女性であることを考慮し、比較的女性医師を雇っているクリニックが多いことは確かです。

男性の医師を選ぶメリット

では、男性医師を選ぶメリットを挙げてみましょう。人によっては男性に診てもらうことに抵抗がある方も多いでしょう。しかし現実問題、医者の数は男性の方が多いので、どうしても「自分の最寄りのクリニックには男性しかいない」ということもあり得るのです。実際に男性に診てもらった方の声だと、「優しい先生が多い」という意見が一番多いようです。疾病扱いではないものの、女性器に関する悩みは気軽に打ち明けられるものではなく、クリニックを受診するに至るまで様々な葛藤があると思います。そのことを考慮し親身に相談に乗ってくれる先生が多いようです。そして、ベテランの先生が多かったり、男性の先生だと比較的予約が取りやすい、というメリットもあるようです。確かに、女性に比べると男性の医者は仕事を続けやすいためベテランと呼ばれる先生が多いでしょうし、男性だというだけで受診を諦めてしまう患者も少なくないため、予約が取れやすいという現象が起こるのでしょう。

女性の医師を選ぶメリット

次は女性の先生を選ぶメリットを紹介します。やはり一番多いのは「同姓なので相談しやすい、受診に抵抗が少ない」という意見です。同じ身体を持った女性なので、共感してもらえる部分も多いでしょうし、男性では気付けないような細やかなところにも気を配ってもらえるかもしれません。そして何より、診察時や施術時など、見られることに抵抗が少ないという点が大きいでしょう。性交時の痛みや更年期症状、生理に関する悩みなど、女性の身体ならではの悩みにも理解が深いのは女性の先生でしょう。ただ、女性の医者は全体的にも数が少ないことから、婦人科形成に関しても必ずしも常勤しているとは限りません。また、人気が高いために予約が取りづらかったり、待ち時間が長いというデメリットもあります。そのことも踏まえてクリニックを選ぶようにしましょう。

まとめ

男女どちらでもそれぞれ医師としてのメリットもデメリットもあります。最終的には自分との相性が大切です。はっきりと物事を伝える先生だと威圧感がある、という方と、はっきり言ってもらった方がいいと思う方と、人それぞれです。女性の先生がいいと思って予約をしてみたけど、実際に会ってみたら相性が合わなかったり、仕方なく男性の先生で妥協したけど意外に良い先生だったりと、会って話してみないと分からないことは沢山あります。あまり男女にこだわらずに、まずは無料カウンセリングなどで色んな先生に会ってみることをおすすめします。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ