HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 性交痛は婦人科形成で治せる?

性交痛は婦人科形成で治せる?

婦人科形成クリニックを訪れる女性の悩みは様々です。その中にセックス中に痛みを感じるという訴えがあります。いわゆる性交痛を理由に来院する女性が少なくないのです。そもそも性交痛とはなぜ起こるのでしょうか。痛みが発生する主な原因や、処女膜との関連性、婦人科形成でどのような治療法があるのかなどを検証してみたいと思います。

性交痛の主な原因とは?

性交痛には様々な原因が挙げられます。多いのは、膣内が十分に濡れていない状態で男性器を挿入した場合です。性的に興奮すると男性器が勃起するように、女性は小陰唇がぷっくり膨らんだり膣内が潤ってくるという状態になります。膣内が潤っていることで挿入時もスムースにいくのですが、潤いが足りないことで直接擦れてしまい痛みを感じるのです。膣内が潤わない原因は、前戯が不十分であったり、精神的に悩みやトラウマを抱えていて集中できなかったりと様々なことが想定されます。もしくは、もともと膣内が狭かったり処女膜が硬いといった、体質の遺伝や生まれつきであることが原因となる場合もありますし、膣内が何らかの理由で炎症などを起こしていて痛みを伴う場合もありますし、子宮内膜症や子宮筋腫などの疾患が原因になっている場合もあります。まずは自分が痛みを感じる原因を正しく見つけることが大切です。

処女膜が性交痛と関係あり?

次は処女膜が性交痛に関係しているのか調べてみたいと思います。処女膜という言葉は聞いたことがあると思いますが、そもそも処女膜とは何なのでしょうか。諸説がありますが、一般的には膣内にある薄い膜のことを指しています。膣全体を覆っているわけではなく、膣の開口部をせばめているようなイメージです。初めての性行為で、約半数の女性が出血すると言いますが、この処女膜が広げられることが原因であると言われています。処女膜にも個人差があり、弾力性や硬さは人それぞれです。通常であれば、数回の性行為で処女膜による痛みは軽減され、リラックスした状態で行為に及べるようになるのですが、極端に処女膜が硬い人の場合は何回経験しても痛みを伴うことがあります。処女膜が教鞭な人ほど、性交痛を感じるということです。性交痛を和らげるにはどんな治療法があるのでしょうか。

処女膜手術で快適に行おう

性交痛は婦人科形成での治療が可能です。痛みの原因を探ることが第一なので、まずはなぜ痛むのかを医師と一緒に探っていきます。子宮内膜症や膣内の炎症が原因であれば、それぞれの疾患を治療する必要がありますし、体質的に膣内が潤わないことが原因であればレーザーを使って膣内のコラーゲンを生成したり、環境の良い膣内へと導く治療法もあります。そして、処女膜が硬いことが痛みの原因であれば、処女膜切開術という手術を受けることが可能です。処女膜の硬い部分だけを切除し、膣開口部を広げるという手術内容です。痛みを伴うデリケートな箇所の手術になりますので、麻酔をかけての手術になります。ダウンタイムはありますが、順調に経過すればいずれ性交痛から解放されるでしょう。このように、原因が分かればいくつもの治療法があります。一人で悩まずに、ますは婦人科形成クリニックで痛みの原因を探ることから始めてみてください。

まとめ

性行為は、子どもを授かるためだけではなく、パートナーとの距離を縮めたりコミュニケーションを取るために最も大切な行為のひとつです。毎回痛みを感じるようでは性行為自体が嫌いになってしまいますし、パートナーのことも傷付けてしまいかねません。最近セックスレスという言葉をよく聞きますが、お互い忙しいから、面倒だからという理由だけではなく、もしかしたら女性側の性交痛が原因となっているカップルもいるのかもしれません。性交痛は治療ができます。パートナーのためにも是非受診してみることをおすすめします。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ