HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 婦人科形成で処女膜再生が人気の理由

婦人科形成で処女膜再生が人気の理由

婦人科形成を受診する患者さんの中で、処女膜を再生する手術にスポットが当たっています。処女膜という言葉は聞いたことがあると思いますが、実際にはどういったもので、なぜ再生する必要があるのか、分からない方も多いと思います。再生術を希望する女性には一体どんな悩みがあるのでしょうか。再生することでどんなメリットが生まれるのでしょうか。それぞれ調べて紹介していきたいと思います。

処女膜の悩みにはどんなものがあるのか

そもそも処女膜とは何でしょうか。よく、初体験時に出血をするのは、その膜が破けたからだと言いますが、実際に膣に膜が張ってあるわけではありません。処女膜とは、膣の内側にある薄い粘膜のことで伸縮性がありヒダ状の形をしています。異物などが膣内に入るのを防いでくれる役目もあり、血管も通っていることから、初めての性交時に押し広げられて出血をしてしまいやすいのです。ですが、性交時だけに出血するわけではなく、激しいスポーツや動きによって出血することもあります。処女を象徴としている節がありますので、不本意な理由で膜を失ってしまった方に再生術を希望される方が多いようです。小さい頃から続けていたスポーツによって失ってしまったり、中には自分が希望しない性行為のために失ってしまった方もいるでしょう。そのような悩みを持つ方々が婦人科形成をよく訪れるようです。

処女膜は再生したほうが良い?

処女膜を再生することで、何かメリットは生まれるのでしょうか。実際のところは、メリットを感じるかどうかは人によって様々です。再生することで膣内には粘膜が張られますので、潤いが戻ったり異物が入りづらくなるという物理的なメリットはあります。しかし、性交時には初体験と同様に痛みを伴うというデメリットもあります。そこまでして処女性を再現したいかどうかは本人次第なのです。再生術はあまり難しい手術ではなく、クリニックにもよりますが、大抵は20分か30分くらいで終了する簡単なものです。痛みやダウンタイムもなく、入浴や性行為の制限も2日から3日程度です。実際に手術を受ける前に、クリニックから詳しい説明はありますが、自分自身でよく考えてみる必要がある手術だと思います。なぜ再生したいのか、本当に必要なことなのかをデメリットを踏まえながら考え、自分の中で結論を出してから決断しましょう。

処女膜を再生したがる理由とは

処女膜を再生したいと希望する患者さんの大半は、潤いを戻したいなどの物理的な理由よりも、精神的な理由で決める人の方が多いと思います。特に、自分の意思とは関係なしに処女を失ってしまったという悲惨な経験がある方などは、再生術を行うことで過去をリセットしたいという理由から強く希望されます。正真正銘の処女なのに、スポーツなどにより処女膜を失った方などは、長年そのことをコンプレックスに感じており、今回初めての恋人ができたので再生術をしたい、という方もいるでしょう。悩みやコンプレックスを克服したい、という理由が一番多いですが、中には今のパートナーが希望するので、とか単純に若返った気分になりたいから、などという方もいます。再生術への希望理由は人それぞれです。具体的にイメージが掴めないという方は、まず婦人科形成クリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

まとめ

辛い過去の経験というものは、脳裏から離れることはありませんし、予想外のところでフラッシュバックしてしまうものです。再生術を受けることで心に受けた傷が完全に治るとは限りません。しかし、今の生活を少しだけ変化させることができるのではないでしょうか。ちょっとだけ自信が持てるようになったり、自分自身も変化することができるかもしれません。女性が心と身体に抱える悩みは、人には話しづらいことが多いと思いますが、決して恥ずかしいことではありません。変われるきっかけになるのであれば、婦人科形成を積極的に利用しましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ