HOME » 婦人科形成まるわかりコラム » 20代で気を付けるべき、膣のゆるみとは

20代で気を付けるべき、膣のゆるみとは

ここでは、膣のゆるみについて説明したいと思います。それってどういう状態?もともとの体質ではないの?と思う方もいるでしょう。しかし、膣内が変化してしまうには何らかの原因がありますし、放っておくことで将来的に大きなリスクを背負うことにもなりかねません。主に膣近辺の筋肉の衰えが原因であると言われていますが、若い女性でも十分気を付けなければいけません。なぜ膣がゆるくなってしまうのか、その原因や、放置しておくことでどうなってしまうのか、予防策や治療法はあるのかなど、詳しく説明していきたいと思います。

若い女性でも膣がゆるむことがある?

婦人科形成クリニックでは、膣がゆるくて困っているという患者さんも数多くいます。なった人にしか分からないでしょうが、具体的にどういう状態でしょうか。幾つか例を挙げるのでチェックしてみてください。お風呂やプールに入ると膣内に水が入るのを感じる、頻尿になった、尿漏れする、お尻がたるみお腹が出てきた、性行為中に膣内に空気が入って音が出る、生理中にタンポンを使っても経血が漏れる、などの症状がある方は該当すると思っていただいていいでしょう。出産や加齢から、骨盤底筋という筋肉が劣ることが原因だと言われていますが、運動不足などの理由から若い20代の女性でも十分なりうる症状です。まだ若いから大丈夫、などと思わずにセルフチェックでひとつでも当てはまった方は注意が必要です。では実際に膣がゆるいまま放置しておくと体にどんな変化が訪れるのでしょうか。次で説明したいと思います。

そのまま放置してしまうとどうなるのか

そもそも膣のゆるみは骨盤底筋という筋肉の衰えが原因なわけですから、何もせずに放っておけば筋力はますます衰え、症状は悪化する一方です。一番恐ろしいのは子宮脱という症状になってしまうことです。子宮脱とは、子宮を支えている靭帯や筋肉が衰えることにより、子宮が次第に下がってくるという疾患です。初めは骨盤底筋だけだったのが、放置したことで周りの筋肉も衰え始め子宮という内臓を支えきれなくなってしまうのです。さらに放置することで、子宮だけでなく膀胱や直腸、膣などの臓器も下がってきてしまい、一般的に骨盤内臓器脱という疾患名で呼ばれています。一番の原因は出産であると言われていますが、太りすぎや運動不足、もしくは常に重いものを運ぶような仕事をしている女性にも多くみられる疾患です。下がってしまった内臓は本来の機能を果たせなくなってしまうので手術による治療が必要になってきます。そうならないために今のうちから出来ることはあるのでしょうか。

ゆるみを解消させるためにまずやるべきこととは

まずはセルフチェックをしてみて、ひとつでも当てはまるような方は今のうちから予防しておくことをおすすめします。緩くなってしまった原因が筋肉にあるのであれば、また鍛え直せばいいのです。筋肉はいくつになっても鍛えることで復活する組織です。肩幅に足を広げ、息を吸いながら膣を引き上げるようなイメージで下半身を引き締め5秒間キープ、息を吐きながらゆっくりゆるめる、という筋トレ法を毎日5セットくらいを目安に続けると効果的です。また、高齢で筋トレが厳しいという方や、既に筋トレだけでは遅いという方は婦人科形成クリニックでの治療も可能です。膣縮小手術や、メスを使わなず膣壁に直接働きかける高周波治療や磁気治療、直接ヒアルロン酸を注入し引き締めるフィラー治療などがあります。全て効果は期待できる治療法ですが、料金はどれも高めの設定になっているのが特徴です。

まとめ

普段から膣の状態のことなど気にしない人の方が多いでしょう。痛みがあるわけではありませんし、特に性行為の直後などはお風呂に入れば中に水が入ってくることもよくあります。しかし、今は何ともなくとも将来、内臓が下がってくるという恐ろしい状態になりかねないのです。下がった内臓は正常に機能できなくなるので、さらに別の疾患を引き起こすきっかけにもなりかねません。若いうちに予防できることは沢山あります。今のうちから下半身を引き締めることを意識してみましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ