その症状

このページでは、女性器の悩みのひとつ、大陰唇肥大についてまとめています。その呼び名の通り、大陰唇が一般的な大きさよりも肥大している状態です。

【大陰唇とは】…太ももの付け根と小陰唇の間にあり、脂肪が豊かについて陰毛も生えている部分。膣口や尿道を保護する役割を持ち、性器を衝撃から守る働きがあります。

大陰唇肥大の症状をチェック!

大陰唇が肥大すると、「女性器のたるみが目立つ」ようになります。日本人の場合、小陰唇が肥大するケースが多いのですが、大陰唇肥大も全くないわけではありません。

遺伝的な問題のほか、下着や生理用品によるかぶれ、アトピー性皮膚炎、過労による皮膚のたるみなどが原因で起こるようです。また、加齢や病気、妊娠出産、ダイエットなどで体型が急激に変化した場合にも、大陰唇にたるみやシワが生じる場合があります。大陰唇肥大には、次のような自覚症状があるようです。

  • 左右の大きさが違う
  • シワが気になる
  • 脂肪が多く盛り上がりが気になる
  • たるんで下着からはみ出す
  • 汚れが溜まりやすく、匂いが気になる場合も
  • こすれて痛くなったり、炎症を起こしやすい

大陰唇が肥大すると、内側にある小陰唇などの外性器が覆われたようになるため、外見が気になるだけでなく、炎症やニオイといった不快な症状を伴う場合も多いのです。

ニオイの原因が大陰唇肥大とわからないまま、不安な日々を過ごすのは非常にもったいないですね。

そして逆に、大陰唇がやせてしまうケースもあります。通常、ふっくらとしている大陰唇ですが、上記でも述べたように、加齢などでたるみ、しぼんでしまうことも。

その場合は、自分の太ももやお尻から脂肪を抜き、痩せてしまった大陰唇に注入することができるそう。婦人科形成が行う施術をチェックで説明していますので、ご覧ください。

こうした悩みを抱えている方は、婦人科形成のクリニックで専門家のアドバイスを受けると良いでしょう。大陰唇肥大の治療としては、余計な部分の切除などの処置が取られることになります。

 

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ