HOME » 処女膜手術に関するお悩みはコチラ » 婦人科形成が行う施術をチェック

婦人科形成が行う施術をチェック

このぺージでは、処女膜の構造や、クリニックで行われる施術を紹介していきます。

処女膜は膣の入口にある、粘膜のヒダが寄せ集まってできている部分。中央に小さな穴が空いていて、月経の血液やおりものは、この穴から出るようになっています。

初めての性交では、この粘膜が裂けるため、出血を伴うことも。ただし粘膜に充分な柔軟性がある場合は、出血しない場合も多々あります。その一方で処女膜が硬く厚く、性行為がむずかしかったり、強い痛みを伴う人もいます。

クリニックで行う処女膜切開とは

処女膜が硬すぎるという症状は、あまり一般に知られていないため、体質としてあきらめている女性も少なくありません。また若い女性は「経験不足だから痛いんだ」と思い込んでいることも。

しかし処女膜の靭帯が硬く、膣口がしっかりと開いていない女性器も、中にはあるようです。こうなると性交がむずかしいばかりか、出産への希望も断たれてしまうので、大問題です。クリニックでは処女膜の粘膜ヒダが突っ張っている部分を切開する治療が行われています。

    処女膜切開手術の流れ
  • 1.局所麻酔…痛みが心配な場合は、静脈麻酔の併用も可能。
  • 2.切開…処女膜の付け根にある靭帯の突っ張り部分を切開。
  • 3.縫合…切開し、突っ張りを解除した状態で縫合。

手術時間は、処女膜の状態にもよりますが、15~20分程度で終了します。

    処女膜切開手術のアフターケア
  • 手術後2、3日は出血があるため生理用ナプキンの必要がある。
  • トイレ後はできるだけウォシュレットを使用。紙で擦らないようにする。
  • シャワーは手術当日からOKだが、入浴は1週間控える。
  • 激しい運動は2週間は控える。
  • 性交は1ヶ月間控える。

こちらの施術により、強い痛みや出血が改善され、スムーズな性交が可能になります。

クリニックで行う処女膜再生手術とは

クリニックでは、パートナーや女性本人の希望により、処女膜再生術を行なうこともあります。特殊な糸を用いる簡単な方法と、レーザーを用いて縫合する方法があります。

糸を用いるプチ処女膜再生

こちらは5分程度で終了する簡単な施術。局所麻酔を注入したあと、粘膜のヒダを寄せ集め、髪の毛よりも細い糸で縫合します。痛みもなく、体への負担もほとんどありません。また入浴も翌日から可能。術後1週間以内に性行為を行なうと、軽い出血も得られるようです。

レーザーを用いる処女膜再生

こちらも10分程度で終了する簡単な施術です。局所麻酔を注入したあと、粘膜のヒダを寄せ集め、癒着させたい部分にレーザーを照射。その後、処女膜がもともとあった状態に縫合します。

しかしこの施術の場合、アフターケアにはより慎重に。入浴は1週間ほど避け、性行為は1ヶ月控える必要があるのです。その後の性交では、こちらも軽い出血が得られるようです。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ