手術に関するQ&A

このページでは、女性器形成に関する疑問を、Q&A方式で紹介します。聞きたくても聞けない…そんな疑問は、ここでしっかり解消してください!

女性器形成手術の気になる疑問をチェック

手術を受けるのに適したタイミングは?

女性器への施術は、生理予定日の10日~1週間前くらいに行うのが望ましいとされていますが、クリニックにより判断が異なるので、相談してみると良いでしょう。季節などは特に考慮せず、自分が受けたいと思ったタイミングで大丈夫です。

女性器形成手術には、入院が必要?

女性器形成手術は、すべて日帰り手術となります。一般的に、小陰唇形成では45分程度。クリトリス包茎もあわせて行う場合は1時間程度が必要といわれます。膣縮小では、粘膜のみで30分、膣粘膜後壁の縫縮までなら1時間、肛門挙筋までは1時間半くらいかかります。

手術後に検診の必要はありますか?

多くのクリニックでは、女性器の手術は抜糸の必要がない糸(溶けて体に吸収される)で行うため、検診不要としています。とはいえ、出血や合併症のリスクもあるため、術後に1度は検診に行くことをおすすめします。

手術中や術後に痛みはある?

麻酔をして行うため、手術中の痛みはありません。麻酔を打つ際に、多少の痛みを感じる場合があります。施術の内容にもよりますが、術後数日は出血があります。痛み止めの薬を飲むことで特に痛みは問題になりませんが、出血が長く続くようであればクリニックの受診をお勧めします。

SEXはいつからできますか?

手術の種類にもよります。例えば小陰唇縮小の手術の場合、性交渉は1ヵ月後ぐらいからとなります。恥ずかしがらず、術前術後に、各クリニックで確認しておきましょう。

後遺症などのリスクはあるのでしょうか?

女性器形成手術は、麻酔を用い、体にメスを入れる外科手術です。どんな手術でも、100%安全と言い切ることはできないと知っておきましょう。合併症なども、絶対に起こらないとは言えません。カウンセリング時に医師としっかり話す、衛生面での管理が徹底しているか、施術者の実績は確かなクリニックかをよくチェックしたうえで、治療に進んでください。

女性器形成手術に保険は適用される?

残念ながら、女性器形成は自由診療になるため、保険適用外となります。価格は医療機関によって異なるため、費用はクリニックへ確認してください。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ