形が気になる

女性器の形について、悩んでいる方は非常に多くいるようです。

しかし、なかなか人に聞いたり、比べたりすることのできない部位なので、不安になってしまうことも多いものです。ここでは、そんな女性器の形に関するお悩みについて詳しく解説していきます。

女性器の形に関するお悩み

女性器の形のお悩みで最も多いのは、小陰唇のお悩み。悩みを持っている方の年齢層も、20代~70代ととても幅広いようです。

左右の大きさの違いや、普通に座っている時や自転車に乗るときに違和感がある、ジーンズがすれて痛い、排尿時に飛び散ってしまう…など、そのお悩みは様々です。

男性経験が多いと、小陰唇が肥大するという噂を耳にしたことがあるかもしれませんが、これは間違いです。理由として、先天性ということが1番に考えられますが、思春期の頃や妊娠・出産をきっかけに大きくなったという方も多いことから、ホルモンの影響も考えられています。

次に多いのが、大陰唇のお悩み。小陰唇と同じく、左右の形の違いや肥大が気になっている方が多いようです。また大陰唇が肥大することによって、小陰唇などの内側にある部分が覆われてしまい外見が気になる、炎症を起こしやすい、汚れが溜まりやすいなどの症状が付随しているようです。

また、陰核(クリトリス)に包皮がかぶさっている、いわゆるクリトリス包茎の悩みをお持ちの方も多くいます。

症状としては、包皮の肥大、不感症、クリトリスと包皮の間に汚れがたまって臭うことなどが挙げられます。汚れが溜まることによって、陰核と包皮がくっついてしまい、性交時などに痛みが生じてしまう場合もあります

包皮が肥大してしまっている方は、同時に小陰唇も肥大している方が多くいるようです。

それぞれの対処方法

女性器の形に関するお悩みは、自分でできる対処法はないに等しく、一般的には婦人科形成での手術によって改善されます。

女性器は、誰でもキレイな左右対称になっているわけではありませんし、その形や色も本当に様々です。しかし、中には深刻に考えすぎてしまい、精神的な負担となってしまっている方も多くいるようです。

日常生活に支障をきたす程ではない場合、こだわりすぎる必要はありませんが、それによって痛みや出血などがある場合には早めにクリニックに相談する必要があります。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ