HOME » 女性器の症状からみるお悩みはコチラ » 不感症かもしれない

不感症かもしれない

女性のお悩みのひとつ「不感症」について、原因とその改善方法(治療法)を解説します。

不感症ってどういうもの?

女性は、誰でもがSEXによって快感が得られているとは限りません。

これが男性との大きな違いのひとつです。

SEXについて、「快感(オーガズム)を経験したことがない」 「好きでないが、パートナーのために仕方なく」 「出産を機に嫌いになった」 などとコメントする女性は意外に多いのです。

日本ではまだまだ、女性が性の快感について語ることは恥ずかしいという風潮が残っています。ですが、せっかくのパートナーとの時間が楽しめないのは悲しいことではないでしょうか。

不感症かもしれないという悩みを持ちながら、生まれつきだと諦めている人もいるようですが、不感症は治らないものではありません。

不感症を積極的に治療することは、けして恥ずかしいことではありません。女性としてのよりよい人生を送るために必要なことだと思います。

不感症の原因とは?

クリトリス(陰核)が原因かも…

クリトリス(陰核)が女性の快感を得る部分ですが、このクリトリスを覆っている皮膚が厚いことがあります。

すると外部からの刺激が伝わりにくいので、快感が得られにくくなります。

また覆っている皮膚が厚いと汚れが溜まりやすく、清潔面でも問題があります。

膣の状態が原因かも…

膣の状態がゆるんでしまうと、男性だけでなく女性の方も刺激が伝わりにくいので快感が得られにくくなるようです。

不感症の治療

不感症の治療法として、主なものは次のとおりです。

クリトリス包茎術

クリトリス(陰核)を覆っている皮膚が厚いことが原因と考えられる時は、覆っている余分な皮膚を外科手術によって取り去ります。

手術では出血も最小限に抑えて行われ、傷跡が残ることはほとんどないそうです。抜糸の必要のない糸で縫合することも可能です。

ヒアルロン酸注入

女性の性感帯には、膣の中にある「Gスポット」と呼ばれるものがありますが、そこに注射でヒアルロン酸を注入することで感度を上げることができます。

麻酔も局所麻酔で、10分程度で簡単に済む施術。ただ、ヒアルロン酸は体に吸収される成分なので、効果を持続させたい場合は定期的に注射をしてくださいね。

ちなみに、このサイトで紹介しているみどり美容クリニックでは、「Gショット」と呼んでいます。不感症でお悩みの方は、チェックしてみましょう!

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ