HOME » 女性器の症状からみるお悩みはコチラ » かゆみ・痛みがある

かゆみ・痛みがある

女性器のかゆみや痛みは、珍しい症状ではないため、軽視しがち。しかし、治療が必要になる場合もあります。

特に多いのは、膣カンジダ。女性の5人に1人はなる病気ともいわれています。

まずはこちらのチェックリストで当てはまる項目をチェックしてみてください。

おりものの量が増えた気がする
おりものが白色またはクリーム色
おりものがポロポロしている
膣やその周辺にかゆみ、または熱感やヒリヒリした感じがある
膣の周辺の皮膚が赤く腫れている、または発疹がある
排尿時・セックス時に痛みを感じる
ハードワークがつづいている
睡眠不足ぎみだ
ストレスを感じることが多い
ピルや抗生物質を服用している
ナプキンやタンポンを長時間とりかえないことが多い

上のチェックリストで、4つ以上当てはまるという方は、クリニックの受診をオススメします。

かゆみ・痛みの悩み相談ができる首都圏のクリニックを比較

女性器のかゆみ・痛みの原因

女性器の皮膚や粘膜は、外部からの刺激を軽減するために、表面が細胞膜に覆われており、守られています。

しかし、石鹸などを使用して過度に洗いすぎたり、こすったりすると、皮膚や粘膜のガード機能が剥がれてしまい、かゆみなどの刺激を感じやすくなってしまいます。それに加えて、女性器はおりものでむれたり、かぶれたりしやすいデリケートな部分なので、これらの原因が複合することで、かゆみが強くなることもあるようです。かゆみが悪化した結果、掻きむしったりすると、女性器に傷が付き、痛みの原因にも繋がります。

また、皮膚の炎症のほか、感染症の場合もあります。この場合は、性交渉やそれによって生じた傷、温泉やプールを媒介にした感染が原因です。

女性器の痒みや痛みは、体調が優れないときにも出やすいです。今までは何ともなかったという方でも、仕事のストレスや疲れが溜まっていると身体の抵抗力が落ちてしまうことで痒みや痛みに繋がります。

他にも、敏感肌やアレルギー体質の方、妊娠中糖尿病、更年期、抗生物質を服用中の方などは、抵抗力の低下やホルモンバランスの乱れなどからデリケートゾーンの痒みや痛みを起こしやすくなってしまいます。

いつもより体調が良くないと感じたときは注意深くケアしていきましょう。

こんな原因もあります

「小陰唇肥大」などにより、女性器が「かぶれやすい形」になっている場合があります。上記の対処方法を実行していても症状が続くようなら、女性器が下着にこすれやすいのかもしれません。かゆみ以外にも、摩擦による小陰唇のくすみに発展する可能性があるため、クリニックに行って相談する必要があります。

かゆみ・痛みの原因が感染症だった場合は、クラミジアやヘルペスなどの性感染症(STD)が考えられます。おりものが黄色っぽいなどの異常を感じたら、クリニックに行って検査をしましょう。薬を使用するなど、原因に合った治療を受けられます。

さらに、かゆみや痛みをともなって、女性器が赤く腫れているときは、糖尿病を発症している可能性があります。

いずれの場合も、女性器の状態を正確に診断してもらう必要があるため、形成婦人科などで診てもらうことが、早期解決の鍵だと言えます。

かゆみ・痛みのある症状はこんな疾患が考えられる

下着やナプキン、衛生面、女性器の形などが原因でかゆみ・痛みが起きる場合もありますが、性感染症の可能性もあるので症状を確認してみましょう。

膣カンジダ症

膣周辺にかゆみがあり、白くポロポロとしたおりものが出ます。皮膚は少し硬くなり赤っぽくなるのが特徴です。

クラミジア

自覚症状が出にくいが、膣のかゆみ、おりものが少し増える、不正出血、性行痛、などの症状が出ます。放っておくと生理痛、不妊症、流産などの原因になる可能性があります。

性器ヘルペス

主に外陰部、膣の入り口などにかゆみが出ます。腫れや痛みが出ることもあります。おりもの変化はなく、皮膚に水泡や潰瘍のようなプツプツとしたものが見られます。

淋菌感染症

陰部のかゆみや腫れ、おりものの量が増える、不正出血、性交痛などの症状がでますが、女性の場合は自覚症状が出にくく感染に気が付く方が少ないと言われています。

毛ジラミ

陰毛部分に激しいかゆみが出て、おりものは通常とかわりません。よく見ると陰毛部分に虫や卵があるので発見しやすいです。

上記で紹介した性感染症はほんの一部です。デリケートゾーンにかゆみや痛みがある場合は上記のような疾患にかかっている可能性もあり、場合によっては不妊症などの重篤な合併症まで起きてしまいます。少しでも異変があれば早めに婦人科を受診しましょう。

外陰部掻痒症(がいいんぶそうようしょう)

外陰部掻痒症は性感染症ではなく、菌や感染によって移るものではありません。しかし、女性器にかゆみや痛みが出てしまうので患部を清潔にしたり、市販の薬を塗ったりする方もいますが、それでは治らないので婦人科で相談することをおすすめします。

原因ははっきりと分かっていませんが、抗ヒスタミンや副腎皮質配合のクリームが処方され治療を行えます。性感染症症状がなくても外陰部掻痒症の可能性を考えて婦人科を受診するようにしましょう。

女性器のかゆみ・痛みが我慢できないときの対処法

女性器のかゆみが我慢できずに掻きむしってしまうと、女性器を傷つけてしまい痛みの原因になったり、黒ずみの原因になったりします。また、洗うときにボディタオルでゴシゴシ洗ったり、洗いすぎたりするのもかゆみを大きくしてしまう原因や痛みの原因になってしまいます。

かゆみが我慢できないときは保冷剤で対処しましょう。患部に保冷剤を当てて冷やすとかゆみを抑えることができますが、直接当ててしまうとかなり冷たいのでタオルで巻くようにしましょう。我慢できないほどのかゆみや痛みは、症状の悪化などが予想されるので早めに婦人科で診てもらうようにしましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう

婦人科形成
まるわかりコラム

 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ