HOME » 女性器の症状からみるお悩みはコチラ » においが気になる

においが気になる

女性器のにおいは、気になっても、なかなか相談しづらいものです。そのため、1人で悩んでしまう方も多いとのこと。しかし、その症状や原因によっては、将来の妊娠・出産に関係してくることがあるため、見過ごせません。

そんなデリケートな悩みを解決するべく、女性器のにおいについて調べてみました。原因や対処法、病気だった場合の治療法などを説明するので、ぜひ参考にどうぞ。

女性器がにおう原因

まずは、女性器のにおいの原因について説明します。
女性器のにおいは、大きくわけて2種類あります。それは、「おりもの臭」と「すそわきが臭」で、それぞれ、においのメカニズムが異なるそうです。

おりもの臭の場合は、女性器からの分泌物・おりものがにおいの元になっています。おりものがにおう原因は、生理、体質、加齢、体調の変化など、人によってさまざま。膣や子宮に傷が付いたことで、分泌される量が増え、含まれている細菌の量も増加して、におうケースもあるそうです。
おりものがにおう場合は、色や状態もチェックしておきましょう。何らかの病気のサインである可能性も考えられます。

すそわきが臭の場合は、陰毛が生えている部分の汗を分泌する「アポクリン腺」から、においが出ている状態です。
脇の下がにおうメカニズムと同じ仕組みで、細菌による汗の分解が原因のため、においが発生するまでに時間がかかるとのこと。そのため、入浴後に強烈なにおいを感じるなどのケースは、おりもの臭の可能性が高いようです。においの種類や、どんな時ににおうかなど、自分で観察しておくと、原因や病気を特定しやすくなります。

女性器のにおい対策

女性器がにおわないように、どのようなケアが必要か紹介します。

女性器の膣表面から、細胞や血小板が剥がれることがあります。これらは、たんぱく質を含んでいるため、細菌に分解され、膣内をにおわせるそうです。このような現象を回避するためには、たんぱく質をしっかり落とすことが大切
通常の石鹸では落としきれないため、専用の石鹸も販売されています。「女性器のにおいを消臭する」という目的だけを考えれば、このような女性器のケア石鹸を使用することが手っ取り早いと思います。

しかし、大変デリケートな部分なので、過度な洗浄は、女性器にかゆみや痛みなどの症状を発症させることも。また、何らかの病気や異常のシグナルとしてにおいが発生していた場合、むやみに消臭してしまうと、発見が遅れてしまいます。そのため、「女性器の健康」を考えると、専門の石鹸を使った洗浄は、手放しにおすすめできるものでもありません。

そもそも、「おりもの臭」の原因となるおりものは、正常な状態でも無臭ではありません。どんな人でも、おりものは分泌され、その分泌物には多少のにおいが付いています。体質や感じ方には個人差がありますが、少しくらいのにおいであれば、自然現象として割り切ることも必要です。

どうしても気になる場合は、女性器に詳しい形成婦人科などのクリニックに相談して、病気や異常によるものでないことを確かめたり、女性器に優しいにおい対策を相談してみることをおすすめします。

気になる女性器のにおいから考えられる病気

女性器のにおいが何らかのサインであった場合、どのようなトラブルが考えられるか、まとめてみました。

●小陰唇肥大

女性器の左右両側のヒダの部分が大きくなっている状態を小陰唇肥大と言います。小陰唇と大陰唇との間に恥垢と呼ばれるカスがたまりやすくなるので、においが発生しやすくなります。思春期以降のホルモンバランスの変化や出産などが原因で病気ではありません。しかし、小陰唇が大陰唇から大きくはみ出たり、垂れ下がっていると生活に支障が出るケースもあります。

小陰唇が何かにすれるせいで、かゆみ・痛み・違和感などの支障がある場合は、縮小手術も可能です。手術の希望や、女性器に悩みがある人は、婦人科専門の形成クリニックに相談してみましょう。

●クリトリス包茎

クリトリス外側にある包皮がクリトリスをおおってしまうと、間に恥垢や汚れが溜まりやすくなります。雑菌や細菌などが繁殖した場合は、強いにおいの原因になるので、つねに清潔にしておくことが大切です。

また、強い炎症を起こしたり、性感染症にかかるリスクが増えるというデメリットもあります。女性にとっては深刻な問題なので、気になる症状がある場合、根本的な治療の検討をおすすめします。

においは健康状態や危険を知らせる重要なシグナルの一つです。女性器やおりものなどからきついにおいを感じたら、専門のクリニックに相談を。症状や感じ方にはそれぞれ個人差があります。たいした症状ではないと感じても、深刻な病気が隠れている可能性もあるため、自己判断は危険です。周囲に相談しにくい女性器のことだからこそ、気になることがあれば、専門医の意見を聞くことが必要です。

女性器のにおい、そのままにしないで!

女性器のにおいがすることで、パートナーとの性行為は後ろ向きになり、お互いによいものではありません。彼にどう思われているか不安になりますし、嫌われるのが心配でストレスを抱えてしまいます。

においの悩みを解消することで、パートナーとリラックスした気持ちで性行為ができますし、不安やストレスからも解放されたならば、パートナーとの関係もよりよいものになるでしょう。

においの悩みを解消するためにすべきことは、婦人科で診察を受けてにおいの原因を見つけることです。原因が性病の可能性もありますし、石鹸などで解消する方法もありますが、においは消えても原因まではわかりません。

そもそも婦人科で診察を受ければ、対処法もわかりますので、においの原因を根本的に断ちきることも可能です。診察を受けることはメンタル面のケアにもなるので、一人で悩まず専門家に話すことで、心も体も治療できます。

女性器のにおいの問題はとてもデリケートな悩みなので、一人で抱えこまないことが重要です。悩みが大きくなる前に、早めに婦人科で受診しましょう。

安心して任せられる婦人科クリニックランキング

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ