その原因

女性お悩みイメージ膣のゆるみには、さまざまな原因が考えられます。自覚しにくいため、パートナーから指摘されて初めて気づき、ショックを受ける場合が多いようです。

誤解しがちですが、膣の締まり具合は、性体験の多い・少ないで変わるものではありません。男性側のからかい半分の認識が、一般的になってしまった悪例のひとつなのです。そこでこのぺージでは、膣のゆるみが生じる原因を見ていこうと思います。

膣のゆるみの原因をチェック

膣のゆるみは、骨盤底筋や腹筋が弱くなってしまうのが原因です。その要因となる代表的な理由としては、以下のようなケースがあります。

出産

子供を産んだ後に膣がゆるくなってしまう場合がありますが、これは、膣が産道になったからではありません。妊娠中に胎児や重い子宮を支え続けるのに負担が大きかった筋肉や、分別の際に大きく引き延ばされてしまった筋肉が上手に収縮できないことにより起こります。

加齢

年齢を重ねると、全身にたるみが生じますが、骨盤周りも例外ではありません。腟壁や腟の周りの筋肉、それらを支える靭帯などがたるみ、筋力が低下するのです。これが膣のゆるみの原因となります。子宮が下がるため膀胱を圧迫し、尿漏れなどの悩みも引き起こします。

肥満

下腹部に脂肪がつくと、骨盤底筋が弱まる原因になります。その結果として、膣の締まりが悪くなってしまうことも…。

姿勢

背筋をシャンと伸ばせば、お尻周りや膣の筋肉が引き締まるはずですが、逆に姿勢が悪いまま生活していると、これらの筋肉を使わないので、力がどんどん失われていきます。

いかがですか?思い当たる原因がある方も多いのではないでしょうか。膣のゆるみは外見で判断できないため、「ゆるい」のひと言で「私は人より劣っている」と思い込んでしまう場合があります。でも男性のペニスのサイズによっても、「ゆるい、きつい」という感覚は違ってくることを知っておくと、少し気持ちが軽くなるかもしれません。

とはいえ、やはり指摘されると傷つきますし、どうにかしたいもの。軽度のゆるみはトレーニングでも改善できますが、不安が募る場合は、婦人科形成のクリニックに相談しましょう。

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ