HOME » 膣のゆるみに関するお悩みはコチラ » 婦人科形成が行う施術をチェック

婦人科形成が行う施術をチェック

膣のゆるみ解消のためにクリニックで行われる施術には、レーザー治療のほかに、外科手術により膣を縫い縮める方法と、膣の粘膜下や筋肉層に脂肪やヒアルロン酸を注入して、膣口を狭くする方法があります。ここでは、その2つの施術のメリットとデメリットを紹介します。

外科手術による膣縮小

クリニックでは、膣の入口の粘膜を切除し、括約筋を縮小する手術が行なわれています。括約筋には膣を引き締める役割があり、この筋肉を縮小することによって膣を狭くすることができるのです。

加齢や出産でゆるみが生じたPC筋(骨盤底筋)は、トレーニングをすることで一定の締まりを取り戻すことができますが、外科手術を行うことで、半永久的な引き締め効果を得ることができます。

    膣縮小手術のメリット
  • 確実に半永久的な効果が得られる
  • 傷痕が残らないため、パートナーに気づかれない

一方、若干のデメリットもあるのでお目通しを。

    膣縮小手術のデメリット
  • 出産予定がある人には向かない
  • 術後、多少の出血がある

またこの施術は、括約筋を縫い合わせて縮小するところに意味があります。ところが一部のクリニックは、入口付近の膣壁だけを縫合する、簡単な処置しか行わないようです。これでは充分な効果が期待できません。カウンセリングの際にしっかり確認するなど、クリニック選びは慎重に行ってくださいね。

脂肪・ヒアルロン酸注入による膣縮小

クリニックで行うライトな膣縮小施術に、ヒアルロン酸/脂肪注入があります。

膣の内側は通常、上下の粘膜が盛り上がった状態ですが、膣がゆるむと、この粘膜が平らになってしまいます。この粘膜部分に、脂肪やヒアルロン酸を注入し、膣内腔を狭くする方法があります。

    脂肪・ヒアルロン酸注入のメリット
  • 体にメスを入れる必要がない
  • 手術に比べ、費用が安い
  • 手術時間が短い(10分程度)
  • 今後出産予定がある女性でも安心して受けられる
  • 手術当日から性交が可能

プチ整形のような感覚で気軽に受けられる一方、デメリットもあるので、以下を確認してください。

    脂肪・ヒアルロン酸注入のデメリット
  • 半年~1年で効果がなくなる
  • 繰り返し行う場合、トータルのコストは高くなる
  • 注入物質が溶けると、膣の形状が若干不自然な状態になる(パートナーに気づかれるリスクがある)

いかがですか?施術をよく確認して、自分に合う方法を見つけてくださいね。

また、最近では、メスを使わないレーザー治療も主流になってきています。このサイトでも紹介しているビビーブや、それが更に進化したVタイトニングレーザーです。手術に比べてダウンタイムも短く、通院の必要がないことも、注目を集めている1つの理由のようです。

Vタイトニングレーザーの臨床実験では、副作用もなく、なんと97%の患者さんが満足し、効果を実感しているという結果が。メスを使った手術が一番効果があるのでは?と思いがちですが、レーザーでも高い効果が期待できますね!

首都圏の 婦人科形成クリニック を比較

婦人科形成のおすすめ
クリニックガイド【首都圏編】

小陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

大陰唇肥大に関する
お悩みはコチラ

膣のゆるみに関する
お悩みはコチラ

クリトリスに関する
お悩みはコチラ

女性器の黒ずみに関する
お悩みはコチラ

処女膜手術に関する
お悩みはコチラ

女性器の症状からみる
お悩みはコチラ

女性器形成クリニックの
情報あれこれ

体験談を見よう
 

※このサイトは、個人が調べて作成したものです。最新の情報や詳細は、各クリニックの公式ホームページをご確認ください。

ページの先頭へ